子どもの興味関心にフォーカスする

子どもの興味関心にフォーカスすると見えてきます。

子どもと同じものを見ようとすると見えてきます。

大切なことは何かが見えてきます。

子どもが今、何を学ぼうとしているか見えてきます。

子どもは自ら学ぼうとする力があります。

教師は遊びに働き掛けない(Free play)でもなければ、教師主導で教え込む教育(Direct instruction)でもない。

子どもの主体性を尊重し、子どもの興味関心にフォーカスするGuided play

そこには子ども大人の笑顔があり、子ども自身が学習者となる主体的な学びがあります。

子どもの発達を知り、対象の理解を深め、安全な活動を行う技術が必要です。

対象に応じた働きかけの技術が必要です。

教師自身が主体的な学習者となって学ぶために必要な内発的動機が必要です。

それには、「楽しい!」「満足!」「出来た!」といった感情が必要です。

ソトアソビスクールで自身の成長となる、楽しいソトアソビを通した学び体験にぜひお越しください。

みなさまの学びをサポートします。

ぜひお越しください。

お待ちしています。

ソトアソビスクール

代表 堀岡 正昭

関連記事

LINEで送る