子どもへの働きかけ方-2020-

滝山ネイチャークラブの森のようちえんは、野外で行う少人数の幼児教育です。

専門的なロジックに支えられ、練習を積み重ね、適切なフィードバックを得ることで誰でも実践可能な保育実践です。

現場の保育者の喜びとやりがいが子どもの笑顔につながります。

1.子どもへの働きかけ

2.遊びを通した主体的な体験学習

3.子どもの人権

4.新しい教育スタイル

5.対象に応じて働きかける

6.観察法

7.遊びを保証した保育

8.学習内容に応じた働きかけ

 

 

 

 

 

関連記事