ごっこ遊びは子どもを育てる

子どもとごっこ遊びを楽しもう。

実はごっこ遊びと言うのは高度な幼児教育プログラムです。
自分から行う。
楽しんで行う。
繰り返し行う。
工夫して行う。
ごっこ遊びを通して子どもたちは他者と関わり、思考や葛藤、交渉や我慢など、人と関わることの多くを学びます。
ごっこ遊びは最高に効果的な幼児教育です。

このごっこ遊びを楽しめたらかなりの子ども理解の専門家といっていいでしょう。
大人がごっこ遊びを課題的にやらせた時点ですでに遊びではなくなってきます。
しかし、子どもたちの関係性は大人がしっかり観察し、適切に調整していくことが求められます。

基本は子どもとごっこ遊びを楽しむことです。
その上で、教育理念や教育目標に沿って、効果的に達成できるような働きかけを考えるのです。

子どもと関わる際の楽しむ心を習慣化させましょう。
子どもと関わる基本的な考え(理念)に触れましょう。
子どもと関わる技術を身につけましょう。

子どもと笑顔で関わる大人が増えることを願っています。

ソトアソビスクールでもっと自分を楽しもう

ソトアソビスクール
代表 堀岡 正昭

関連記事

LINEで送る