子どもと関わることを楽しむ

「こうしなきゃいけない」を捨てて「こうしたい」自分に

目の前の子どもと自分自身を楽しむこと。

「ねばならない」は何もない。

自分がどうしたいかだけ。

まずは一緒に遊ぶこと。

楽しむこと。

後は子どもの反応を見て変えること。

計画や目標はひとまず置いといて、目の前の子どもと関わり、振り返り、またやってみる。

この繰り返しを通し、子どもと関わることを学んでいけばいい。

まずはやってみること

その時感じたことや気づいたことが感情と共に内面化することで経験となります。

その経験を振り返り、概念化することで学びとなります。

「楽しそう!」「やってみたい!」をやってみる

「分かった!」を「出来る!」に

子どもと関わる喜びをすべての大人に経験して欲しい。

ソトアソビスクールはその喜びを習慣化して技術に変えます。

継続的な学びが「楽しかった!」を「出来る」自分に変えます。

なりたい自分になることを応援します。

ソトアソビスクール

関連記事

LINEで送る