子どもと関わり、子どもを理解する

子どもの興味関心に敏感であって欲しいと思います。

大人の計画に沿った教師主導の教育ではなく、子ども主体の遊びを通した教育を追求します。

それには、今子どもが何に興味を持って、何を欲しているのか、見ようとして欲しいと思います。

それには、子どもと距離を近づけ、子どもの見ている物を一緒に見てみることが近道です。

同じ物を見て、気持ちに寄り添うことで、見えてきます。

子どもの心がどこに向かっているのか分かるようになります。

子どものことが分かるようになるとおもしろい。

子どもと関わることで分かるようになります。

継続した学びで良き習慣となります。

ソトアソビスクールでは、子どもと関わる技術を学び、自分自身を深く見つめる自己内対話を支援いたします。

思考を整理し、子どもと楽しく関われるようサポートいたします。

自然の中での楽しい体験を通してお届けしています。

ソトアソビスクール

代表 堀岡 正昭

関連記事

LINEで送る