子どもの側で、子どもと関わる

いつでも子どもの側に

子どもと距離を縮めて、子どもと一緒に見たり、感じたりしましょう。

そうすると見えてきます。

子どもたちの興味関心が見えてきます。

子どもと同じ目線で、同じものを見て、一緒にやってみることで理解できることがあります。

思い出す人もいます。

「子どもの頃って、こうだった。」

子どもの発達について分かってきたことがあります。

それは、子ども時代は「こうしなきゃいけない」という認知能力より「こうしたい」という感情が育つ時期だということ。

それは、記憶や言語といった能力よりも、感覚を刺激する体験をさせた方がいいということ。

それは、一緒に遊んだり、笑ったり、手をつないで歩くってことがとても大切だっていうこと。

そして、それは大人にとっても喜びだっていうこと。

もしもそれを実現できる環境が作れたらとても素晴らしいことだと思います。

大人も誇りとやりがいを持って楽しめる空間が出来たら、子どもにとっても良好な環境となるかもしれません。

大人も子どもも生き生きと自分を楽しめる環境を作りたいと思います。

みなさんが「やりたい!」「なりたい!」を実現することを応援します。

ソトアソビスクールは毎週土曜、日曜に開催しています。(一部変更や祝日、平日も受け入れ可能な場合があります。ご相談ください。)

体験コース

みなさんのお越しをお待ちしています。

滝山ネイチャークラブ

ソトアソビスクール

代表 堀岡 正昭

関連記事

LINEで送る