子どもと関わる幼児教育・保育という仕事は素晴らしい仕事です。

ソトアソビスクールでは、森のようちえんという野外での少人数の保育を学びます。

体験を通したあなた自身の学びをサポートします。

思考し、経験を積み重ね、人間性を磨く。

・子どもと関わるにあたり必要な取り組む姿勢や態度

・大切なことは何か

・子どもと関わる知識と技術

必要なのは学ぶ意欲と成長欲求。

子どもと関わって20年以上、現在も子どもと野外で関わる森のようちえんを運営している現場の保育者が子どもとの関わり方を丁寧に伝えます。

スクールミッション

幸せ

笑顔で子どもと関わる大人を増やす

成長

思考と行動、人間性を磨く

貢献

すべての子どもが安心して外で自由に遊べる社会を実現すること

 

学習ビジョン


物の見方、捉え方を学び、人と関わる力を持った世界で通用する人材を育成する。

目標

・子ども理解と遊びの評価を学ぶ。

・子どもを野外で保育する力を身に付ける。

・チームで保育する技術を身に付ける。

 

 

必要なスキル

・子どもを観察しよう。遊びを観察しよう。スタッフの動きを観察しよう。

・現場は判断の連続です。練習して判断の精度を高めよう。

・トライアンドエラー。学習はやってみないと始まらない。やってみて、振り返り、次の取り組みにフィードバックして、学習の効果を確認しよう。

 

 

明日の君が待っています。

今日、君が変わることを。

今、行動して、なりたい自分に、なろう。