子どもの保育環境を考えたら、自然に行き着きます。

自然の中で行う幼児教育として、森のようちえんという選択があります。

滝山ネイチャークラブは子どもの教育環境として、森のようちえんという形を採用しています。

「子どもを野外で教育したい」

そう考える人の期待に応えます。

野外での危険、野外でのノウハウ、事故が起きた時の対策等、野外で行う高い専門性をお伝えします。

「もっと少ない人数で丁寧に子どもを見たい」

そう考える質の高い保育を追求する保育者の期待に応えます。

少人数で運営していくシステム、遊びの盛り上がりを見極めた遊びを保障する保育、チームで保育することの喜びをお伝えします。

「やりがいのある仕事をしたい」

そう考える働き方とやりがいを求める能力の高い専門家の期待に応えます。

何のために働くのか、自分の健康と保育の質を両立する働き方、向上し続けるマインドを共有します。

 

ソトアソビスクールは、子どもの笑顔と保育者の成長、保護者の喜びを実現します。

規模は小さいけれど、大きなチームで大いなる成果を求めます。

既存の幼稚園、保育園の保育に違和感や不満足を感じつつ、理想の保育を求める学ぶ意欲の高い保育者と共に、成長と成功を手に入れる。

そして、その教育は日本の幼児教育を揺るがす力となっていく。

口だけではない、実践の保育。

妥協しない理想を求める保育。

それはあなたが「やる」と決めたら実現可能です。

ソトアソビスクール

代表 堀岡正昭