子どもの声が聞こえることの幸せ

子どもの声が聞こえることの幸せと

子どもと関わることの喜びを広げたい。

子どもの声は騒音じゃない。

子どもとは本来、そういうものです。

そのままで良いとは思わないけど、子ども本来の姿を知り、それを抱擁するぐらいの寛容な社会であって欲しいと願います。

子どもと関わることの喜びを知る大人が増えたら、社会はもっと生きやすくなるような気がします。

自分たちもそうだった。

子どもと関わることで、ほんの少し昔を思い出そう。

大事なことを忘れないために。

子どもが自由に外で遊び、大人も自分自身を楽しめる一人一人であったらいい。

子どもの声が聞こえる活動をお届けします。

子どもが生きているという躍動感をお伝えします。

確実に明日に向かっているという実感を一緒に感じられたらと思います。

楽しい体験をご用意してお待ちしています。

ソトアソビスクール

滝山ネイチャークラブ 代表 堀岡 正昭

関連記事

LINEで送る