子どもの主体性と安全

子どもの運動能力を高めようと思ったら変化に富んだ環境を用意しましょう。

多様な動作が期待できる環境が関節や筋肉を自由に動かします。

幼少期は様々な運動パターンを経験させましょう。

子どもが自らやりたいと思えるような魅力ある環境を用意しましょう。

指導者による指導よりも子どもの自由な遊びの方が運動能力を高めるという研究データがあります。(東京学芸大学杉原隆氏)

内発的な動機付けに基づく主体的な遊びはもっとも効果的な学習につながります。

子どもの発達と個性に応じて、適切に働きかけて安全な体験にしましょう。

子どもの発達と環境の危険度、難易度を見極めないと大きな怪我につながる危険があります。

子どもの個性や行動特性を理解することで安全と子どもの主体性を両立させることが出来ます。

子どもと遊びを観察し、その遊びの意味を理解し、体験を学びにつなげる働きかけを考えましょう。

子どもの主体性と学びをつなげるGuided playの実際をお伝えしていきます。

ソトアソビスクール

代表 堀岡 正昭

関連記事

LINEで送る