遊びを通した主体的な体験学習

体験

遊びは単なる時間つぶしではありません。

子どもにとって遊びは学びであり、体験を通した学習の機会です。

遊びを通して、何を経験するかということが重要です。

森のようちえんでは、遊びを通して次の体験が出来るようにプログラムされています。

 

 

体験の中身と具体的な方法については別の機会で述べますが、ここでは自分たちの遊びの中にそれぞれの体験が組み込まれているか意識してみてください。

遊びの質が変わります。

PAGE  2 

関連記事