感情を受け止め、なりたい自分になろうとすることを応援する。

子どもの感情を受け止める

子どもの感覚や感情を否定しないで、そのままを受け止めることが必要です。

転んで「痛い」と泣いていたら「痛いね」と言葉で感情を受け止めていることを伝えましょう。

例えそれが否定的な感情であっても、「暑いから嫌だ」という感情も「暑いね」「嫌だね」と共感的態度を示すのです。

身近な大好きな人に認められている、受け止めてくれたという実感は肯定的な感情になります。

 

「暑いと汗をかいてあせもになるから、外で遊ばない」

大事なことは何でしょう。

あせもにならないことでしょうか。

本当は健康であることではないでしょうか。

外でしっかり汗をかいて、汗をかいたらきれいにしてあげれば良いのではないでしょうか。

子どもにとって外で遊ぶことは必要なことです。

間違えた考えだとしたら、正しい方法を教えてあげればいいのです。

「外でいっぱい遊んで、汗をかいたらきれいにしようね」

 

自分で選んで、自分で決める。

そうした体験を繰り返すことで、判断の精度が高まります。

うまくいく確率が高まるのです。

自分で選んで、自分で決める。

子どもにとってそれは「遊ぶこと」です。

 

 

 

—–

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です