幸せになる働き方を選ぶ

自分は何のために働くのか。

当然、生活のため、お金のためということはある。

でもそれだけじゃない。

仕事内容が自分のやりたいこと、納得がいっているかどうかも大事。

それが自分のやりがいにつながっているかどうか。

労働条件や労働環境も重要な要素。

働く職業、職場、働き方を考えた時、自分自身の価値観が問われていることに気づく。

その職業はやりたい職業なのか。

職場は働きやすいのか。

そもそも自分にとって働きがい、やりがいとは何なのか。

森のようちえんで独立し、職場を変えて、働き方を変えて思う。

 

生き方を考えるということだと思う。

 

やりたいことを選ぶということもそうだが、自分は何のために生きているのかということを考えた時に、「幸せになるために生きる」のだと思った。

だとしたら、幸せにならない生き方をやめよう。

幸せになることを目的に生きよう。

滝山ネイチャークラブの理念は、幸せの実現だ。

 

独りよがりで、自分さえ良ければいいという価値観ではもはや幸せにはなれない。

みんなが幸せにならないと自分にとって本当の幸せは獲得できない。

みんなって?

目の前の子どもたち、保護者の皆様、ソトアソビスクールの実習生。

滝山ネイチャークラブはそのみんなが幸せになってくれないことには困るんだ。

滝山ネイチャークラブの目的はそのみんなが幸せになることだから。

そのみんなの幸せを考えた時、それぞれの人がどうなった状態を幸せだと思うのか考えた。

(詳しくはクラブ理念を読んでください。)

それぞれが幸せかどうかはその人が決める。

だけど、少なくとも滝山ネイチャークラブとしてみんなの幸せを追求していく理念に変わりはない。

一人ひとりが幸せになる方法を考え、不幸になる原因を採用しない。

幸せになる方法はいくつかあるが、不幸の原因のほとんどは人間関係だ。

私たちは良好な人間関係を構築することに全力を注ぐ。

必ずしもうまくいくとは限らないが、縁ある人たちと良好な関係でいたいという気持ちに変わりはない。

愚直なまでにトライし、エラーの度に改善していくのみだ。

自分は、縁あるすべての人たちの幸せを追求する働き方を選ぶ。

それが自分にとって幸せになる働き方だからだ。

滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡正昭