ソトアソビスクールの学び

「しゃがむ」という動作を習慣化する。

子どもと関わるということは技術です。

技術は正しく練習すれば必ず向上します。

ソトアソビスクールに参加する皆さんは実によく、しゃがみます。

子どものことを理解する一番の近道です。

この動作を習慣化することです。

子どもと同じものを見る

もしも、子どものことが分からないとしたら、子どもと同じ動作をしましょう。

子どもと同じ物を見ることで、子どもの興味関心が分かるようになります。

理屈で考えてからやるのは大変だと思います。

だから、子どもと一緒に楽しむのです。

子どもと一緒に遊んで、子どもと同じものを見ることで、子どものことが分かるようになります。

次は対策を考える

子どものことが分かるようになったらしめたものです。

後はソトアソビスクールで、「子どもと関わる上で大事なこと」の価値観を身に付けるのです。

目的、目標が分かれば、どうしたらいいか自分で判断できるようになります。

どうしたらいいか、答えはご自身の中にあります。

後は、それをやってみるだけです。

その行為、行動は安全であるかどうか。

その遊びは子どもにとって楽しいものであるかどうか。

果たしてそれは教育的に子どもの成長につながっているかどうか。

適切なフィードバックでご自身のリフレクションをサポートいたします。

大人にとっても「楽しい!」「やってみたい!」「成長したい!」という内発的な動機付けが大いなる原動力となります。

そんなみなさんの学び、行動、成長をサポート致します。

ソトアソビスクールはいつでもお待ちしています。

滝山ネイチャークラブ

ソトアソビスクール

代表 堀岡 正昭

関連記事

LINEで送る