子どもとの関り方

森のようちえんの働きかけの基本は「対象に応じて変える」ことです。

相手の子どものことをよく観察して、その子の興味関心がどこに向いているのかを推測し、安全を守りながら、子どもと一緒に楽しむことが重要です。

なぜ一緒に遊ぶのか。
それは、その子と距離を縮めないと内面まで読み取ることが出来ないからです。
近くにいないと危険を予測し、子どもが回避できない大きな危険から守ることが出来ないからです。
それは、「楽しい」という感情を伴った学習は記憶に残り、もっとも効果的な教育法だからです。

少人数で一人一人の個性と発達、能力に応じて適切に働きかけていく教育がこれからの教育です。
これからの教育は大人にとってもやりがいと喜び、心の健康が必要です。
ソトアソビスクールは野外での幼児教育、森のようちえんの活動を通して子どもとの関り方、これからの教育を提案しています。
「楽しい」という感情を伴った体験学習は、ご自身の気づきを内省化することで学びとなります。
その学びをサポートしていますので、何でもお気軽にお尋ねください。

一緒に楽しい活動を通して、学びましょう。

森のようちえんの滝山ネイチャークラブ

ソトアソビスクール

代表 堀岡 正昭

関連記事

LINEで送る