ライフジャケット、着させていますか?

ライフジャケットの勧め

みなさん、水辺の活動の際には、ライフジャケットを着用しましょう。

安全の質が格段に上がります。

今回はそんなライフジャケットの選び方について

私たちがライフジャケットを使って水辺の活動を始めた20年程前には、子ども用のライフジャケットは少なく、ほとんど選択肢がありませんでした。

今では、種類もサイズも豊富にそろい、お好みで色を選んだりすることも出来ます。

滝山ネイチャークラブでは安全を最優先し、子どもの体格に合わせて3サイズ用意しています。

家庭ではなかなか難しいと思いますが、ベルトを締めても脱げそうになる程だと大きすぎます。

目安として3歳ぐらいまでならSサイズ。小学生以上ならLサイズと、体格に合わせて使い分けています。

家庭で選ぶ際には、股のベルトがあるものを強くお勧めします。

市場には股のベルトが付いている物がほとんどだと思いますが、股のベルトが付いていない物はお勧めしません。実際ベルトがないとライフジャケットが脱げてしまい、最悪の場合、首が締まって危険となることもあります。

ベルトが1本の物もありますが、ないよりは格段に安全が違います。

 

 

 

ベルトの長さは適切に調整しましょう。

あまりに長いと引っかかって反って危険です。

長すぎない程度に切ったら、ライターの火であぶって末端を処理して、ほつれないようにしておきましょう。

 

使った後にしっかり乾かして毎回ほつれや破損がないかチェックしましょう。

しっかりメンテナンスしておけば10年持ちます。(実際に滝山ネイチャークラブで使用しているライフジャケットは10年目です。)

2000円程度で購入できるライフジャケットです。

子どもの命を守ると思えば、ぜひ着用しましょう。

子どもを水辺にいざなう活動においてライフジャケットが当たり前となり、子どもたちが安全で楽しく活動できることを切に願っています。

滝山ネイチャークラブ

森のカレッジ(ソトアソビスクール)

代表 堀岡正昭

関連記事

LINEで送る