森のようちえんの作り方

森のようちえんに限らず、幼児教育において環境はとても重要です。
特に自然環境が重要だということは多くの方に支持されています。
では都会では森のようちえんは出来ないのか。
そんなことはありません。
もちろん、より良い環境という意味では自然が豊かな方がいいと思います。
でも、なぜ良いのかという本質的な要素を抽出して、今いる場所で再現することが出来たらきっといい教育環境になると思います。
ソトアソビスクールでは、幼児の教育環境についてお伝えしています。
学ぶことで学術的な根拠を知り、実際の保育を体験することでその効果を実感することが出来ます。


環境を与えればいいのではなく、そこで何をどのように体験するかということが重要です。
大人にやらされる体験ではなく、子どもが自ら環境に働きかけていく体験です。
遊びを通した学びの体験です。
そしてこれからの教育は個別化の教育です。
発達の特性に応じて、個性に応じて、子どもの興味関心に応じて働きかけを変えていく柔軟な運用が求められます。
そうした一人一人を大切にされる教育を実践してまいります。

森のようちえんは高度な保育技術が要求される教育です。
しかし、ソトアソビスクールで体験を通して学び、繰り返し経験を積み重ね、行為を習慣化させることで誰でも習得することが可能です。
そう、より良い教育と言うのは再現性があるのです。
たまたま、偶然に、能力の高い人のみが実践できる特別な教育ではなく、法則があり、誰でも実践可能な教育です。

しかしそれは誰にでも出来ることではないのです。
高度な保育技術を持った人が、やりたいと自ら願い、実際の困難にも立ち向かい実践していく実行スキルが求められるからです。

子どもたちが自由に外で遊べる社会の実現を目指します。
そのために森のようちえんという野外の幼児教育を実践するプロフェッショナルを養成します。

楽しいという体験を通し、自ら学び、自ら獲得していく。

やりたいと強く願い、技術を高め、実際に行動する仲間が増えていくことを期待しています。

滝山ネイチャークラブではそんな向上心ある保育者を受け入れます。

アドバンスコース

いい保育を広めましょう。

お待ちしています。

合同会社 滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡 正昭

雨でも楽しむ森のようちえん

雨でも楽しい森のようちえん
タープは風を感じ、雨を感じ、自然を感じるには最高のアイテム。

むしろ雨だからこそこんな遊びもまた楽しい。

 

主体的な態度を身につける

雨でもレインウェアがあれば大丈夫。

「雨の日は何して遊ぶんですか?」と聞かれることがありますが、森のようちえんの子どもたちはいつもと変わらずよく遊びます。
変わらず走って、変わらずオニごっこをして、変わらず虫を見つけます。
変わらず、環境に働きかけていきます。

ドングリの中からドングリ虫が出てきたよ。

たまにはみんなで丸太のベンチに腰掛けておやつもいいね。

どんな環境でも自ら働きかけていく主体的な態度を習慣化させます。
どんな環境でも楽しむ心を育てます。

森のようちえんの滝山ネイチャークラブ
代表 堀岡 正昭

なんでもできる

「ゴジュウマンエン、持ってる?」

そんな話から始まったお金作り
楽しいことはどんどん盛り上がります。

ぼくらはなんだって出来る。

楽しいことはどんどんやろう

控えめな105円、出来ました。

大事なことは「やってみたい!」という動機づけ

やってみたいと思ったことを何でもやってみて、満足と「やろうと思ったことは何でも実現可能」だということを体験してみることが大事です。

子どもたちの「やってみたい!」を応援します。
今日のリュックの中身は大金でした。
保護者の皆様、取り扱いにはくれぐれもご注意ください。

森のようちえんの滝山ネイチャークラブ
森のようちえん銀行取締役 タピオカほりちゃん

森のようちえん体験会のご案内

日ごろ滝山ネイチャークラブの活動にご理解いただき心から感謝いたします。

6月から森のようちえん体験会を開催いたします。

週末土曜日の森のようちえんで受け入れしたいと思います。

受け入れ人数は最小限で行います。

お知り合いの方や関心のある方々へご案内をお願いします。

森のようちえん体験会

ご不明な点がございましたら、下記のリンクからお問い合わせ下さい。

どうぞよろしくお願い致します。

お問い合わせ