12月3日、森のようちえん

多様な関わりの中から学ぶ

人との関わり方を身につけて欲しいので、多様なお友だちと遊ぶ体験をして欲しいと思います。

人との出会いは予想外の化学反応が起きます。

結果は想定外です。

それがおもしろいのです。

絵本の読み聞かせを通して子どもたちのお話の世界を広げる

子どもたちは基本的に絵本が大好きです。絵本を読んでもらうのも大好き。

特に山頂で読む絵本は周りのシチュエーションと相まって子どもたちの想像力をさらに高めます。

ミクロの世界の中に森を見る。

木のコケ(地衣類)を覗くとそこには森が見えるんです、本当に。

「うわーっ、すっごーい!」

そんな体験をたくさんさせたいと思います。

想像の世界から創造の世界へ

彼らのおうちだそうです。表札もありますが、ワナもあります。

環境に自ら働きかけていく力を習慣化するまで身につけて欲しいと思います。

 

幼児期は体験を通して学びます。

直接体験を通して学びます。

幼児期にとって、遊びが学びです。

私たちは、遊びを学びにつなげます。

滝山ネイチャークラブ、森のようちえん

代表 堀岡正昭

image_print

関連記事

タイトルとURLをコピーしました