森のようちえんとしての保育者の態度

森のようちえんとは言っても、別に普通の幼児教育と変わるところがあるわけじゃないのです。
滝山ネイチャークラブは保育者の態度として
受容・傾聴・共感
を最も基礎的な素養として考えています。
子どもの話をちゃんと聞きましょう。その話に「でもね」で返すんじゃなくて、受け止めましょう。そして自分のことのように思いをはせ、心から共感しましょう。
別に特別な事じゃありませんね。当たり前のことをきちんとやりましょう。
特別なカリキュラムも、立派な遊具も、カラフルな玩具も必要ありません。
まずは、ここから。
滝山ネイチャークラブは、子どもの話をちゃんと聞きます。子どもの思いをきちんと受け止めます。そして共感的態度で彼らに寄り添う保育を心がけていきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です