5つの保育

・「あれしなさい」「これしなさい」という指示・命令の保育をしません。
・「あれしちゃだめ」「これしちゃいけない」といった禁止・制限の保育をしません。
・「これは何々よ」「あれは何々」といった教え込みすぎない、子どもの気づきを待つ保育をします。
・子どもの声に耳を傾けます。
 子どもの気持ちに共感します。
 子どもの表現を受け止めます。
  受容・傾聴・共感の保育をします。
・安全・衛生・公共のマナーはきちんと躾けます。時に厳しく指導します。保育者は生活モデルとして範を示します。
子どもの心に寄り添う保育
子どもの育つ力を信じて待つ保育
積極的に環境に働きかける保育

関連記事

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です