領収証の管理

前回の続きから

「財布と金庫、通帳は別にしよう」

団体と個人、別にしましょう。

どこでもやりがちですが、財布と金庫、通帳は別に用意しましょう。

その上で、領収証等の管理、帳票類の整理はどこも悩むところだと思いますが、森のようちえん規模だとA4、1枚に2件、裏表で4件貼っても普通の2穴のファイルで収まるのではないでしょうか。

滝山ネイチャークラブでは毎年1冊、領収証のファイルを作り、整理・保管しています。

日にち・金額・勘定費目、必要に応じて通し番号を記入する欄を作っておけばいいでしょう。

領収証がない場合も、出金伝票を書いて貼っておけば、税務署も問題ありません。

勘定科目(その収支の分類)をどう仕分けるかは団体の考えですが、ここをきちんとしておけば、収支に関して作戦が立てやすいくなります。

 

 

関連記事

LINEで送る