発達の原理

滝山ネイチャークラブの森のようちえんは、雨でも出かけます。

子どもたちは雨でも外に出かけることを楽しみにしています。

(遊びたい!)(体を動かしたい!)(外に出たい!)

という欲求の塊のようです。

私たちは子どもたちの欲求に応え、より良い保育をしたいと考えています。

子どもの発達にはいくつかの原理があり、その一つに、発達には順序性があるということです。

発達には適時性があり、幼児期にはまさに感覚が研ぎ澄まされていく時期なのです。

だから、森のようちえんにおいて、直接的な体験を通し感覚を養うことを大事にしているのです。

また、発達の速度には個人差があることも明らかです。

一人一人の発達を保障しようと思ったら、一斉指導だけではなく、個別化の指導が必要です。

発達の原理

1.発達の順序性

2.発達の適時性

3.発達速度の個人差

森のようちえんが子どもの発達を保障し、より質の高い保育を目指し、子どもたちの喜びと保育者のやりがい、保護者の期待に応えていくものでありたいと思います。

滝山ネイチャークラブ

ソトアソビスクール

森のようちえん

代表 堀岡 正昭

関連記事