保育技術の高め方

保育は技術です。

練習すれば上達します。

正しく練習すれば上達します。

上達したいと思って練習すれば上達します。

この3つが必要です。

練習しないと上達しません。

やみくもに練習してもだめです。

努力は正しく努力して初めて報われるのです。

もっとも大事だと言えるのが、心から上達したいと願うことです。

「もっとうまく出来たらいいのになあ」

ぐらいでは、何となくしかうまくなりません。

「うまくいかないのは、園のせいだ。園長が悪い。先輩保育士が悪い。国が悪い。制度が悪い。」

と人のせいにしている人はおそらく一生うまくならないでしょう。

「ここに来れば誰かがきっと育ててくれる。教えてくれる。上達させてくれる。」

と思っている人もうまくいきません。

誰かがしてくれるのではないのです。

技術とは、自ら努力し、自分で獲得する以外に近道はないのです。

そんな素直に向上心を持った人なら正しい練習方法を知り、正しく練習することで上達することが出来るのです。

その練習法の一つが写真を撮ることです。

子どもの様子、遊びの様子、活動の様子を写真に撮ることです。

写真の撮り方、技術もあるのですが、まずは撮ることです。

数多く撮って必ず見返すことです。

撮っては見る。撮っては見る。

これを繰り返しましょう。

撮った写真は全部保存しましょう。

日付のフォルダに良いのも悪いのも全部保存します。

そうすると見えてくるものがあるはずです。

写真をどう見るか。

どう写真を撮るか。

次はその視点を持ってまた練習するのです。

その視点について学びたかったらソトアソビスクールにお越しください。

コンデジでも良いのですが、最低でもミラーレス一眼、出来れば一眼レフカメラを持って練習してみましょう。

正しく練習すれば格段に保育技術が上がります。

自分が楽しくなります。

あなたの保育を正しく理解してもらえます。

滝山ネイチャークラブのソトアソビスクールでは、保育技術の向上を通して保育者のやりがいを追求します。

あなたの「なりたい」を応援します。

心から上達したい、と思ったら、正しく練習して正しくフィードバック出来るソトアソビスクールで保育者のやりがいを獲得しましょう。

いつでもお待ちしています。

滝山ネイチャークラブ

ソトアソビスクール

代表 堀岡 正昭