プレ森のようちえん(2月29日)

山の斜面を自分から登っていきます。

後ろから危なくないようについていきます。

滝山ネイチャークラブでは、個別に対応し、子どもたちの意欲を大事にしたいと思います。

危険がないように側で見守り、「出来た!」という思いを大事にしたいと思います。

自然の素材に触れ、自分から働きかけていく。

自然は魅力にあふれている。

自ら働きかけていきたくなる環境を用意し、自ら考え行動する主体的な子どもに育てます。

子どもが主体となって自ら「やりたいこと」に取り組む「遊び」を通して獲得します。

お弁当の後は『てぶくろ』の絵本。

外での絵本、とりわけ森の中で読む絵本はまた格別です。

葉っぱがざざーっと鳴る音、風の音、鳥の鳴き声。

陽の光、葉っぱの色、見上げた空の青さ。

森の中では絵本の世界がより豊かに広がります。

一人一人の子どもの発達や特性を理解して、子どもたちの欲求に応えたいと思います。

自然の中で過ごす森のようちえんでの経験が子どもたちの人格形成の基礎となります。

これからも変わらず丁寧に子どもたちの側で見守り、気持ちに寄り添い、子どもたちの育とうとする力を信じていきたいと思います。

子どもにとって価値ある体験となります。

保護者の皆さまの期待に応える安全で質の高い教育を目指します。

4月からも毎週水曜日、八王子の高尾でお待ちしています。

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭

プレ森のようちえん(2月26日)

身近な自然を観察し、その子自身が感じていることを大事にします。

余計なことは言わず、ただ側でこの子が感じていることを共感します。

側で同じものを見ることで見えてくるものがあります。

私たちは心という見えないものを見ようとします。

子どもに寄り添い、もっとその子を理解したいと思います。

自然の素材に触れ、加工し、工夫することで遊びを創ります。

自ら考え、選んだり、決めたり、実際にやってみる。

幼児期に体験させたい学習内容です。

子どもの遊びは重要な学習です。

私たちは子ども時代の学ぶ機会と環境を保証し、価値ある体験を子どもたちに経験させたいと願います。

この様な時代だからこそ、私たちは勇気を持って子どもが教育を受ける権利を主張し、実践してまいります。

4月からもプレ森のようちえんは毎週水曜日を基本に開催する予定です。

ぜひお子様に価値ある体験を、子ども時代に学びの体験をお願いしたいと思います。

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭

プレ森のようちえん(2月19日)

広場に着いたら、「ほりせんせい、この間のザッシある?」と聞かれたので、「ん?絵本のこと?」と答えるとそうだとのこと。

読んで欲しい様子だったのですぐに読み聞かせが始まりました。

子どもたちの関心を逃さず応えていきたいと思います。

お気に入りの枝は大切な宝物

ほうきにもなれば

電車にもなります。

釣りだって出来ちゃう。

坂道は葉っぱの滑り台

少しずつでいいよ。

みんなの挑戦を応援しています。

安全であることはもちろん、子どもたちのやりたいという気持ちに応えたり、ちょっと不安だなという気持ちに寄り添って一人一人の欲求に応えていきたいと思います。

2歳から通える少人数の森のようちえんです。

子どもたちの「楽しかった」という満足と保護者の皆様のご期待にお応えしていきたいと思います。

来週もお待ちしています。

 

※2月29日(土)もプレ森のようちえんを開催いたします。

どうぞご利用ください。

お待ちしています。

予約カレンダー

予約リスト
プレ森のようちえん
10:00 注記
2020/09/02 (水)
2020/09/09 (水)
2020/09/16 (水)
2020/09/30 (水)

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭

プレ森のようちえん(2月12日)

竹の切り株にたまっている水がおもしろい。

垂れ下がった木の枝がおもしろい。

ヤママユガの繭がおもしろい。

見るもの、触れるもの、すべてが興味関心の対象です。

自然はおもしろい。

好奇心旺盛に何でも関心を持って、そのおもしろさ、不思議さを感じて欲しいと思います。

「なんか音がする」

「こわい~」

「見てみようよ」

大丈夫、何でもやってみよう。

魅力ある自然と良好な関係性に基づく遊びの体験が待っています。

週末の森のようちえんは、土曜日コースは現在満席です。

プレ森のようちえんから入園されたお子様は優先して週末コースに進級することが出来ます。

2歳になったら平日プレ森のようちえんでお待ちしています。

 2020年度「プレ森のようちえん」募集要項

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭

プレ森のようちえん(1月29日)

豊富な素材を自由に使う

長い棒がだめなのではなく、人に危害を加える行為がいけないのです。

使い方も練習すればうまく使えるようになります。

遊ぶ機会があれば上手に遊べるようになります。

子どもたちの「持ちたい!」という欲求を適切に満たして、安全に遊べるよう見守ります。

葉っぱや木の枝、自然物に実際に触れて、遊んで欲しいと思います。

「おもしろそう!」「やってみたい!」という欲求を大事にしたいと思います。

魅力ある環境の中で、自ら身体を動かす

起伏ある変化に富んだ環境で様々な動作を経験することで柔軟な身体を作ります。

教え込む教育ではなく、自ら体験を通して学ぶ体験型学習です。

主体的であること

繰り返し遊ぶこと

自らの意欲に基づき、自分から行動すること

そこから気づくこと、学ぶことをサポートします。

「出来るかな」

「ちょっと不安だな」

そんな葛藤を安心できる人が寄り添ってくれることで「やってみよう」という気持ちになります。

子どもたちの感情に寄り添い、一人一人の発達と個性を理解し、安全で楽しい活動でありたいと思います。

 

保護者の皆様の安心と子どもたちの安全のために、少人数で行い、より丁寧に支援していきます。

次回は2月5日(水)です。

お待ちしています。

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭

プレ森のようちえん(1月22日)

自分の身体を自由に動かす

自分の身体は自分で自由に動かしていい。

自由に動かせるってうれしい!

自分から環境に働きかける

世界は自分が働きかけることで変えられる。

「おもしろそう!」「やってみたい!」「やってみる!」

これだけで目の前の世界は変えられる。

人と関わることで学ぶ

見ること、聞くこと、すべてが学び。

育てるのではなく、子どもは自ら育つ。

 

私たちは、大人主導で教え込む教育ではなく、遊び込む体験と人と関わる体験を基本に、環境を通して行う教育を大切にしています。

少人数で個別にサポートし、より安全でより楽しい教育を目指します。

次回は1月29日(水)、高尾開催です。

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭

プレ森のようちえん(1月15日)

自由に身体を動かす

自分の身体を自由に動かす経験を繰り返すことで、自由に体をコントロール出来るようになります。

幼児の運動機能を高めるために必要な経験

1.様々に動かすこと

2.自主的に動かすこと

3.繰り返し動かすこと

そのために、滝山ネイチャークラブは、次のことを心がけています。

→1.変化に富んだ環境を用意する。

→2.自ら動かしたくなるような魅力ある環境を用意し、子どもの主体的な行動を尊重する。

→3.たっぷり遊ぶ時間ともっと遊びたいという気持ちを大事にする。

子どもたちの運動機能を高めます。

幼児の心理と発達、個性を理解した働きかけが安全を保障します。

雨は上がっていましたが、2人が「やねをつくる~」と言うのでタープは片屋根にして、風よけにしました。

安全を支えるキャンプスキルで子どもたちの想いを実現していきたいと思います。

少人数で一人一人の欲求に応え、トイレや着替え、身支度などもサポートいたします。

プレ森のようちえんは良質な自然体験と個別のサポート、遊びを通した体験学習です。

毎週水曜日に開催しています。

良質で安全な自然体験と子どもの人格を尊重した保育を望むすべての保護者にお届けしたいと思います。

次回は1月22日です。

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭

プレ森のようちえん(1月8日)

自然を体験するということ

雨を感じる

雨を楽しむ

雨を凌ぐ

幼少期に、しっかり自然を感じる体験をさせましょう。

特別なアクティビティは必要ありません。

身近な自然を感じる体験をさせましょう。

ちょっと難しいなと思ったら、専門のスキルと経験を持ったプレ森のようちえんに送り出してください。

タープを転がり落ちる雨だれも子どもたちには雨を楽しむ体験となります。

自然の中での体験が感覚を育てます。

丈夫な身体を作ります。

確実に内面が変わります。

2歳から参加できます。(年度当初、4月2日の時点で2歳の誕生日を迎えていることが条件です。)

少人数でトイレや食事、着替えなど丁寧に指導しますので安心して送り出してください。

幼稚園や保育園に通っていても参加できますので少人数できめ細かい野外での幼児教育をお考えの保護者の方にお勧めしています。

次回は1月15日です。

プレ森のようちえん(12月25日)

葉っぱで遊ぶ、木で遊ぶ、石で遊ぶ

葉っぱに触れる、木を持って遊ぶ、石を並べる。

自然の素材に触れて遊ぶ体験をたくさんして欲しいと思います。

自由に扱う体験。

自分からやってみる体験。

じっくり感じることを保証されるゆったりした時間を過ごす体験です。

こうしなさいとか、これはしてはだめ、こうした方がいいとも言わない。

子ども自身が感じ、考え、行動している時は子どものことを尊重して見守っていきたいと思います。

自分で作るって楽しい。

自然の中で遊び込む体験をたくさん経験させたいと思います。

次回(1月8日)も高尾開催です。

3歳から小学生まで参加可能です。

スポットでも参加できますので、ぜひお越しください。

子ども時代に安全で楽しい良質な自然体験をお届けします。

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

プレ森のようちえん(12月18日)

幼児期に自然に触れる体験をして欲しいと思います。

感覚は経験を積み重ねることで研ぎ澄まされていきます。

この日は藤野の山に何件もおうちが建ちました。

人類の根源的な欲求なのでしょうか。

どこでも木の枝でこんなおうちが出来上がります。

藤野の雄大な自然の中で、子どもたちがダイナミックに遊びます。

子ども時代にこんな遊び込む体験をさせましょう。

遊ぶ込む喜びが学ぶ意欲と生きる力となります。

お腹が空くまでいっぱい遊ぶ。

遊んだらしっかり食べる。

この循環を作って、子どもたちの生活リズムを大事にしていきたいと思います。

・発達に合った安全な自然環境

 

・自由に身体を動かし、遊び込む体験

 

・子どもの心理状態と遊びの状況に応じて適切に働きかけていく保育技術

 

現在、幼稚園・保育園に通っていても参加できます。

毎週水曜日に開催していますので、ぜひお越しください。

上質な自然体験をご用意してお待ちしています。

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭