プレ森のようちえん(2月26日)

身近な自然を観察し、その子自身が感じていることを大事にします。

余計なことは言わず、ただ側でこの子が感じていることを共感します。

側で同じものを見ることで見えてくるものがあります。

私たちは心という見えないものを見ようとします。

子どもに寄り添い、もっとその子を理解したいと思います。

自然の素材に触れ、加工し、工夫することで遊びを創ります。

自ら考え、選んだり、決めたり、実際にやってみる。

幼児期に体験させたい学習内容です。

子どもの遊びは重要な学習です。

私たちは子ども時代の学ぶ機会と環境を保証し、価値ある体験を子どもたちに経験させたいと願います。

この様な時代だからこそ、私たちは勇気を持って子どもが教育を受ける権利を主張し、実践してまいります。

4月からもプレ森のようちえんは毎週水曜日を基本に開催する予定です。

ぜひお子様に価値ある体験を、子ども時代に学びの体験をお願いしたいと思います。

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭

関連記事

Pocket
LINEで送る