プレ森のようちえん(1月29日)

豊富な素材を自由に使う

長い棒がだめなのではなく、人に危害を加える行為がいけないのです。

使い方も練習すればうまく使えるようになります。

遊ぶ機会があれば上手に遊べるようになります。

子どもたちの「持ちたい!」という欲求を適切に満たして、安全に遊べるよう見守ります。

葉っぱや木の枝、自然物に実際に触れて、遊んで欲しいと思います。

「おもしろそう!」「やってみたい!」という欲求を大事にしたいと思います。

魅力ある環境の中で、自ら身体を動かす

起伏ある変化に富んだ環境で様々な動作を経験することで柔軟な身体を作ります。

教え込む教育ではなく、自ら体験を通して学ぶ体験型学習です。

主体的であること

繰り返し遊ぶこと

自らの意欲に基づき、自分から行動すること

そこから気づくこと、学ぶことをサポートします。

「出来るかな」

「ちょっと不安だな」

そんな葛藤を安心できる人が寄り添ってくれることで「やってみよう」という気持ちになります。

子どもたちの感情に寄り添い、一人一人の発達と個性を理解し、安全で楽しい活動でありたいと思います。

 

保護者の皆様の安心と子どもたちの安全のために、少人数で行い、より丁寧に支援していきます。

次回は2月5日(水)です。

お待ちしています。

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭

関連記事

Pocket
LINEで送る