環境に主体的に働きかける

教育の目的を達成するために効果的な環境を設定します。

自然環境は変化に富んで、魅力にあふれています。

私たちは子どもと遊びを観察し、子どもたちの興味関心を読み取り、より効果的な環境を選びます。

学びの主体者は子どもたちです。

子どもたちにとって楽しい体験であって欲しいと思います。

子どもたちの内発的な動機付けに基づく主体的な遊びを大事にしていきます。

幼児期には「やりたい!」「やってみたい!」といった意欲を育てます。

主体的に環境に働きかけていく習慣にして欲しいと思います。

森のようちえんは自然の中で行う少人数の幼児教育です。

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭

関連記事

コメントを残す