6月14日、子どもだけの「滝山 森のようちえん」

6月14日、子どもだけの「滝山 森のようちえん」を行いました。

今回の参加者は2人でしたので、ゆったりより丁寧に

出かけたらすぐにそこはワンダーランド

好奇心旺盛な子どもたちです。

「見て見て」

見えますか?「あれに乗ってきたんだよ」

疲れたら休憩

図鑑で調べもの

何でも知的好奇心をくすぐる教材です。

それを見てもらいたくて。感動を共有です。

山に入ると「おっ!」

こんなものも落ちていました。

なんだか分かりますか?

ごめんなさいね。中を開けて見せてもらいました。黄色いのがそうです。

 

今日はここでお弁当

そこに斜面があるから、僕は登る。

よじ登る

見守られながら

やってみる?

出来るかな?

僕が教えてあげようか?

ここを持ってね

支えてもらいながら

小さくてもがんばる。

もう僕はお手の物

疲れたら休憩

どうしてこうも長い物が好きなんでしょうね。

割と男の子にはこうした傾向があります。

大きな木に守られて

たくさん遊んだら疲れちゃった。

丁寧に子どもたちと接していきたいと思います。

そのために森のようちえんでは定員を10人に設定しています。

子どもたちの「もっとやりたい!」という意欲を受け止め、

子どもたちのつぶやきに耳を傾け、

共に感動を分かち合い、共に過ごす、そんな時間を大切にしたいと考えます。

それが子どもたちの心を育てると信じて。

これからもどうぞよろしくお願いします。

滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡正昭

 

image_print

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました