センス・オブ・ワンダー

レイチェル・カーソン、上遠恵子/訳 『センス・オブ・ワンダー』 | 新潮社

読み仮名 センスオブワンダー 発行形態 書籍 判型 ISBN 978-4-10-519702-5 C-CODE 0098 ジャンル エッセー・随筆、教育学、ノンフィクション 定価 1,540円 子どもたちへの一番大切な贈りもの! 美しいもの、未知なもの、神秘的なものに目を見はる感性を育むために、子どもと一緒に自然を探検し、発見の喜びを味わう―― 映画化 …

『センス・オブ・ワンダー』の著者、レイチェル・カーソンは、

「雨の日は、森を歩きまわるのにはうってつけ」

「メインの森は、雨が降るととりわけ生き生きとして鮮やかに美しくなります。」

と言います。

 

もっと自然の中に子どもを連れ出そう。

雨の日こそ、森に出かけよう。

お母さんたちにあまり心配をかけてもいけないと思いますが、もっともっと森の中に連れ出していかなければと感じます。

自然の中で感覚を刺激し、自然の美しさや不思議さを感じる体験をさらに追求したいと思います。

もっともっと変化に富んだ環境に連れ出していきたいと思います。

関連記事

LINEで送る