遊ぶ意欲を学ぶ意欲につなげる

森のようちえんの子どもたちを見ていると、意欲的な子たちだと思います。

「もっと見たい」

具体的な動作を会得している子も多いのです。

「しゃがんで」「ひっくり返して」「掘ってみる」

あるとき、虫好きの子どもにどこに虫がいるのか聞いてみました。

「葉っぱの裏! 石の下! 土の中!」

参りました。

おそらく自然科学の基本だと思います。

 

子どもは本来、興味あることにはとても意欲的なのです。

「もっと見たい」「もっとやりたい」「もっと遊びたい」

私たちはその意欲を損ねないように、主体的な行動につなげられるよう、環境を整えるだけでいいのです。

やらせてもうまくいきません。

「もっとちゃんと見なさい」「もっとやりなさい」「もっと勉強しなさい」

と言ってやらせても、反動の方が大きく、例え効果があっても一時的な成果です。

私たちは子どもたちに本質的で永続的な力をつけさせたいと思います。

それには、子どもたちの内発的な動機付けを引き出す以外にないのです。

つまりは、子ども自ら「やりたい」という意欲を大事にし、それが実現できる習慣を身につけさせるのです。

 

でもこんな不安も湧いてきます。

(遊んでばかりいていいんだろうか。ほりさんの言っていることは分かった。だけど遊んでいるだけでいいの?)

この疑問は当然で、遊んでいるだけではいけません。

私たちは、この「遊び」を「学び」につなげたいと考えているのです。

じゃあ知識を詰め込み、早期教育すればいいのか。

幼児期に体験を伴わない知識の詰め込みが効果がないことは科学的にも証明されています。

私たちが考える幼児期の学力とは、まさに「意欲」そのものなのです。

 

幼児期にたっぷり遊んで、しっかり意欲を持って取り組んできた子は、小学校に行っても勉強するんです。

だって、知らないことがいっぱい書いてあって、(知りたい!)(見てみたい!)(勉強したい!)という意欲を育ててきたはずですから。

後は、子どもが自らやりたくなるような魅力ある学習環境を整えるだけなのです。

魅力ある先生が教えてくれる楽しく学べる工夫がある授業。

もっと知りたいと思ったときに自ら調べられる図書空間。

安心して学校に通える良好な人間関係。

これらを整えるだけで子どもは言わなくても勉強するようになるんです。

 

森のようちえんのソトアソビで、たっぷり遊んで、しっかり体を動かす。

意欲的に遊ぶことで、主体的に取り組む姿勢を習慣化させる。

「もっとやりたい」という向上心を具体的に実現できるような環境を整え、今幼児期に必要な学力をしっかりと身につけさせていきましょう。

滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡正昭


キャンプの効果と習慣形成

キャンプは子どもに必要だ、という考えがあります。

我が子にキャンプを経験させる親御さんもそのように考えることでしょう。

私たちもそう思いますが、実は本当にいいのだろうかということを追跡調査した研究があります。

その結果、予想通り非常に効果的だったことが分かっています。

例えば、自立心だったり、思いやりだったり、「キャンプから帰ってきて何でも自分でやるようになりました。」とか「下の子の面倒をよく見るようになりました。」といったアンケート結果がありました。

総じてキャンプはかなり教育的に効果があり、しかも良質な成果が期待できると言ってまず間違いないようです。

しかし、良いことばかりではなく、実は課題も見えてきたのです。

それは、「効果が持続しない」ということです。

キャンプから帰ってきてすぐはいいけど、1ヶ月経ち、2ヶ月経ち、3ヶ月も経つと元に戻ってしまうという。

でも、これは言ってみたら当たり前で、英語でもピアノでもスイミングでも、1度や2度のレッスンで一生もののスキルが手に入るというのは少々虫が良すぎるというものです。

何でもそうですが、その技術や態度が身につくようになるまでは積み重ねの経験・練習が必要だということです。

滝山ネイチャークラブの森のようちえんが毎月1回参加して年間通して参加してもらうのは、こうした理由もあるからです。

つまりは毎月1回、定期的に継続して参加して、習慣化するまで身につけて欲しいのです。

一度習慣化すれば、歯磨きの仕方を忘れる人がいないのと同じ、箸の持ち方も忘れません。

例えブランクがあっても、大人になって久しぶりに自転車に乗っても乗れるのと同じように、一生身体に染み込ませるように習慣化するまで身につけて欲しいのです。

それは、「困難にも挑戦する思考と態度、そして実際の行動力」であったり、「自分で考え、自分で選んで、判断する力」であったり、「積極的に人と関わろうとする力」だったりします。

それらは「辛いトレーニング」や外部からの「やらせ」ではうまく獲得できません。

例え出来たとしても、一時的であったり、反動の方が大きいのです。

私たちはこうした経験を「遊び」を通して、自らの「やってみたい」という内発的動機付けに基づいて身につけて欲しいと願っています。

実は私たちは、森のようちえんやキャンプなど自然体験(遊び)を通して、「もっとやりたい」といった意欲を育てたいと思っているのです。

好奇心旺盛に身近な環境に関心を持った子たちは、学校に行っても自ら「もっと知りたい」と思うに違いありません。

本当に子どもたちの知的好奇心をくすぐる適切な環境を整えるだけで、自ら「勉強」するようになるのです。

そうした意欲と態度を習慣化するまで、徹底して身につけさせます。

というより自ら子どもたちが獲得していくのです。

私たちはそれを邪魔しないだけなんです。

ただ言うのは簡単。行うは難し。

滝山ネイチャークラブは日々精進し、質の向上を目指し行動し、発信し続けてまいります。

滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡正昭


教育の中身としての「体験の質」と「働きかけの質」

少人数なら何でもいいのかというとそうではなく、そこで行われる教育の中身が問題です。

私たちはその「体験の質」を高めていきます。

その体験の中心に「自然の中で行う教育」を持ってきています。

これについては言い訳は無用です。

誰もが「自然の中で子どもを育てることはいい」ということを知っています。

危ないなら危なくないように環境を再構築したり、プログラムを工夫したり、フィールド選定を対象に応じて変えるべきです。

では、少人数で自然の中で教育すれば何でもいいのかというと、それでも「NO」です。

自然の中に子どもを連れて行っても、そこで保育者が

「だめ、だめ」

「あれしなさい、これしなさい」

と禁止や指示、命令では期待する教育的な効果は低いというものです。

だから私たちは、「体験の質」と「働きかけの質」を併せて向上させることを目指すのです。

「構造の質」「体験の質」「働きかけの質」

私たちがやっている活動は、これらを少人数で自然の中で行う良質な幼児教育として実現しようという試みです。

決して教育のスタンダードにはなり得ないかもしれませんが、今の時代、子どもたちにぜひ経験させておかなければならない体験には違いありません。

ぜひ多くの皆様のご支援をお願いして、こうした思考と実践が少しでも広がることを期待しています。

滝山ネイチャークラブの森のようちえん

代表 堀岡 正昭