遊ぶ意欲を学ぶ意欲につなげる

森のようちえんの子どもたちを見ていると、意欲的な子たちだと思います。

「もっと見たい」

具体的な動作を会得している子も多いのです。

「しゃがんで」「ひっくり返して」「掘ってみる」

あるとき、虫好きの子どもにどこに虫がいるのか聞いてみました。

「葉っぱの裏! 石の下! 土の中!」

参りました。

おそらく自然科学の基本だと思います。

 

子どもは本来、興味あることにはとても意欲的なのです。

「もっと見たい」「もっとやりたい」「もっと遊びたい」

私たちはその意欲を損ねないように、主体的な行動につなげられるよう、環境を整えるだけでいいのです。

やらせてもうまくいきません。

「もっとちゃんと見なさい」「もっとやりなさい」「もっと勉強しなさい」

と言ってやらせても、反動の方が大きく、例え効果があっても一時的な成果です。

私たちは子どもたちに本質的で永続的な力をつけさせたいと思います。

それには、子どもたちの内発的な動機付けを引き出す以外にないのです。

つまりは、子ども自ら「やりたい」という意欲を大事にし、それが実現できる習慣を身につけさせるのです。

 

でもこんな不安も湧いてきます。

(遊んでばかりいていいんだろうか。ほりさんの言っていることは分かった。だけど遊んでいるだけでいいの?)

この疑問は当然で、遊んでいるだけではいけません。

私たちは、この「遊び」を「学び」につなげたいと考えているのです。

じゃあ知識を詰め込み、早期教育すればいいのか。

幼児期に体験を伴わない知識の詰め込みが効果がないことは科学的にも証明されています。

私たちが考える幼児期の学力とは、まさに「意欲」そのものなのです。

 

幼児期にたっぷり遊んで、しっかり意欲を持って取り組んできた子は、小学校に行っても勉強するんです。

だって、知らないことがいっぱい書いてあって、(知りたい!)(見てみたい!)(勉強したい!)という意欲を育ててきたはずですから。

後は、子どもが自らやりたくなるような魅力ある学習環境を整えるだけなのです。

魅力ある先生が教えてくれる楽しく学べる工夫がある授業。

もっと知りたいと思ったときに自ら調べられる図書空間。

安心して学校に通える良好な人間関係。

これらを整えるだけで子どもは言わなくても勉強するようになるんです。

 

森のようちえんのソトアソビで、たっぷり遊んで、しっかり体を動かす。

意欲的に遊ぶことで、主体的に取り組む姿勢を習慣化させる。

「もっとやりたい」という向上心を具体的に実現できるような環境を整え、今幼児期に必要な学力をしっかりと身につけさせていきましょう。

滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡正昭


教育の中身としての「体験の質」と「働きかけの質」

少人数なら何でもいいのかというとそうではなく、そこで行われる教育の中身が問題です。

私たちはその「体験の質」を高めていきます。

その体験の中心に「自然の中で行う教育」を持ってきています。

これについては言い訳は無用です。

誰もが「自然の中で子どもを育てることはいい」ということを知っています。

危ないなら危なくないように環境を再構築したり、プログラムを工夫したり、フィールド選定を対象に応じて変えるべきです。

では、少人数で自然の中で教育すれば何でもいいのかというと、それでも「NO」です。

自然の中に子どもを連れて行っても、そこで保育者が

「だめ、だめ」

「あれしなさい、これしなさい」

と禁止や指示、命令では期待する教育的な効果は低いというものです。

だから私たちは、「体験の質」と「働きかけの質」を併せて向上させることを目指すのです。

「構造の質」「体験の質」「働きかけの質」

私たちがやっている活動は、これらを少人数で自然の中で行う良質な幼児教育として実現しようという試みです。

決して教育のスタンダードにはなり得ないかもしれませんが、今の時代、子どもたちにぜひ経験させておかなければならない体験には違いありません。

ぜひ多くの皆様のご支援をお願いして、こうした思考と実践が少しでも広がることを期待しています。

滝山ネイチャークラブの森のようちえん

代表 堀岡 正昭


大人も子どもも幸せになる活動を目指して

滝山ネイチャークラブの森のようちえんは、子どもだけの森のようちえんではないのです。
私たちの考える森のようちえんは、活動に携わる大人にとっても重要だと思うのです。

当然、子どもの安全を支え、大人としての適切な立ち居振る舞いは必要でしょう。
でもその大人が活動を楽しめず、義務感で関わっていたとしたらどうでしょう。
きっとやりがいも見い出せず、子どもに対する教育効果も高めることは出来ないでしょう。

私は、子どもと関わる大人が今よりもっと笑顔で楽しんで、やりがいを感じられる教育が大事だと思います。
子どもにもっと積極的に関わり、一緒に遊び、関係を構築することをベースにした上で、教育的な効果を高めていく努力が必要だと思います。
滝山ネイチャークラブの森のようちえんに関わる大人は、積極的に子どもと関わることにチャレンジし、向上心を持って行動しています。
ぜひそうした大人の姿も環境の一つとして捉え、活動に関わる若い彼ら彼女らを応援していただきたいと思います。

練習すれば必ず上手になれる。
良きコーチについて練習することが上達の近道だ。
大切なことはマニュアルや技術ではなく、もっと良くなりたいとする心構えだ。

滝山ネイチャークラブの森のようちえん

ソトアソビスクール

代表 堀岡正昭