教育の中身としての「体験の質」と「働きかけの質」

少人数なら何でもいいのかというとそうではなく、そこで行われる教育の中身が問題です。

私たちはその「体験の質」を高めていきます。

その体験の中心に「自然の中で行う教育」を持ってきています。

これについては言い訳は無用です。

誰もが「自然の中で子どもを育てることはいい」ということを知っています。

危ないなら危なくないように環境を再構築したり、プログラムを工夫したり、フィールド選定を対象に応じて変えるべきです。

では、少人数で自然の中で教育すれば何でもいいのかというと、それでも「NO」です。

自然の中に子どもを連れて行っても、そこで保育者が

「だめ、だめ」

「あれしなさい、これしなさい」

と禁止や指示、命令では期待する教育的な効果は低いというものです。

だから私たちは、「体験の質」と「働きかけの質」を併せて向上させることを目指すのです。

「構造の質」「体験の質」「働きかけの質」

私たちがやっている活動は、これらを少人数で自然の中で行う良質な幼児教育として実現しようという試みです。

決して教育のスタンダードにはなり得ないかもしれませんが、今の時代、子どもたちにぜひ経験させておかなければならない体験には違いありません。

ぜひ多くの皆様のご支援をお願いして、こうした思考と実践が少しでも広がることを期待しています。

滝山ネイチャークラブの森のようちえん

代表 堀岡 正昭


教育の質としての「構造の質」

日本中の幼稚園・保育園の先生たちが子どもを自然に連れ出して遊ばせればいいのにと思っても、そうはなかなかうまくいかない(「野外で行う少人数の幼児教育」http://taki-nature.com/column/?p=2276)と書きました。

安全管理上の問題とそれを行う側の技術と経験不足の問題があると述べました。

安全上の問題なら子どもの人数を減らせばいいけど、人数を減らせば経営上の問題が出てきます。

でも、それでもなんとかするのが経営者の手腕というもの。

質の高い教育をするんだ、とまずは決めて、その次に方法論を考えるのです。

「そんな少ないんじゃやっていけない」

方法ありき、結果ありきで考えてはいけない。

まずは目的を定めるのです。

「質の高い教育を目指すのだ」と。

ここで質の中身が問題になってきます。

日本中のすべての現場の保育者が「今よりもう少し子どもの人数が少なければ」と考えています。

私は、まず教育の構造を変え、少人数で行うことに決めたのです。

 

教育の質

滝山ネイチャークラブの森のようちえんでは、構造の質としての1体験当たりの子どもの人数を10人までに設定しています。

 

この教育の質としての「構造の質」を高めていかないことには日本全国の保育者の疲弊感は拭えないし、どんなに手当てや給料に反映させたとしても、職員のやりがい・働き甲斐にはつながらない。

滝山ネイチャークラブの森のようちえんでは、毎回の森のようちえんの参加者を10人までと限定して、質の高い教育を目指していますが、お泊りキャンプについては、定員6人に設定し、さらなる安全と教育の質的向上を目指していくことをご案内します。

※次回のお泊りキャンプから定員を6名に変更します。

 

滝山ネイチャークラブ、森のようちえん

代表 堀岡正昭


大人も子どもも幸せになる活動を目指して

滝山ネイチャークラブの森のようちえんは、子どもだけの森のようちえんではないのです。
私たちの考える森のようちえんは、活動に携わる大人にとっても重要だと思うのです。

当然、子どもの安全を支え、大人としての適切な立ち居振る舞いは必要でしょう。
でもその大人が活動を楽しめず、義務感で関わっていたとしたらどうでしょう。
きっとやりがいも見い出せず、子どもに対する教育効果も高めることは出来ないでしょう。

私は、子どもと関わる大人が今よりもっと笑顔で楽しんで、やりがいを感じられる教育が大事だと思います。
子どもにもっと積極的に関わり、一緒に遊び、関係を構築することをベースにした上で、教育的な効果を高めていく努力が必要だと思います。
滝山ネイチャークラブの森のようちえんに関わる大人は、積極的に子どもと関わることにチャレンジし、向上心を持って行動しています。
ぜひそうした大人の姿も環境の一つとして捉え、活動に関わる若い彼ら彼女らを応援していただきたいと思います。

練習すれば必ず上手になれる。
良きコーチについて練習することが上達の近道だ。
大切なことはマニュアルや技術ではなく、もっと良くなりたいとする心構えだ。

滝山ネイチャークラブの森のようちえん

ソトアソビスクール

代表 堀岡正昭