子ども理解と凧揚げ

「子どもって・・・」

私たちは、実は案外子どものことを知らないのではないでしょうか。

(どうしてこんなことするんだろう)

かつては自分たちもそうだったのに、いざ大人になると子どものことが分からなくなるものです。

もしもその子どものことが理解できたとしたら、大人ももう少し楽になるのかもしれません。

子どもには子どもの行動特性があります。

その行動特性を理解すれば、大人のいらいらも少なくなるかもしれません。

子どもには発達特性というものがあります。

それを理解すれば、子どもに無理難題を押し付けることもなくなるかもしれません。

脳科学の研究が進み、子どもの感情とコントロールに関することが少しずつ明らかになってきました。

私たちはその科学的知見に基づく対応を知っています。

少しずつそれらを広め、笑顔で子どもと関わる大人が増えることを願っています。

凧揚げは子育て

突飛なことを言うと思うかもしれませんが、凧は風を受けてぐんぐん空に舞い上がっていきます。

子どももやる気さえあれば、ぐんぐん成長していきます。

親や教師、周りの大人は、無理矢理に紐を引っ張って、凧を引きずり回すことをしてはいけません。

風を読んで、風が来た時に少し風に乗せてやる。

風を受けた凧が引っ張られたら少しずつ糸を出してやる。

後はどんどん糸を出してやれば凧は大空へと舞い上がります。

風がやんで凧が落ちてきたら、少し糸を手繰り寄せてやればいい。

糸は子どもと親を結ぶ心の糸です。

子どもを押さえつけたり、親の思うようにやらせるのではなく、子どものやる気を引き出して、成長を阻害しない。

良い時ばかりじゃなく疲れて、「お母さん、抱っこ」となったらよしよしと抱きしめてあげればいい。

ハウツーだけではだめですが、凧揚げに子育ての本質があるように思うのです。

1月の親子遠足、「凧揚げに挑戦」では、疲れない凧揚げをお伝えします。

引っ張りまわして傷ついて壊れない凧揚げ。

気が付くとぐんぐん上がる凧揚げを楽しんでみましょう。

凧はこちらでご用意します。

冬でもソトアソビ。

ソトアソビを楽しむ心をお持ちください。

滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡正昭


人との関わりの中から学ぶ

多様な関わりから学ぶ

いろんな人と関わることで学びにつなげて欲しいと思っているので、あえて年齢別のクラス編成にせず、異年齢の集団構成にしています。

また、毎回の参加者も固定ではなく、出来る限り多様な人と関わる機会にしたいと思い、保護者の方々に毎月の予約を入れていただいています。

実はこれは大人も同じ人的環境として、出来る限り、多様な人と関わる機会にしたいと考えています。

そうは言いながらも安全と教育の質を下げずに実現したいので、事前の説明会を設け、すべての人に安全講習を受けていただいています。

誰もが最初は初心者です。技術と経験はないかもしれませんが、向上心を持った若者の勉強と体験の機会にご理解を心からお願いいたします。

 

この子たちは近い将来、世界中の人たちとつながり、活躍していくことを信じてやみません。

そのときに、肌の色が違うとか、言語が違うとか、考えや宗教が違うということに排他的ではなく、友だちとして受け入れ、大きなプロジェクトを成し遂げていかなければならないのです。

自分さえ良ければばいいという偏狭な考えではなく、みんなの幸せが自分の幸せのように感じられる大人が増えていくことが平和な社会への一歩だと信じます。

この子たち一人ひとりの幸せと成長を心から願っています。

保護者の皆様と一緒にそのお手伝いをさせていただくことに喜びを感じます。

滝山ネイチャークラブの森のようちえんにご理解をいただき、心から感謝いたします。

平成29年12月3日父母講座

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡正昭


習慣形成して獲得して欲しいもの

滝山ネイチャークラブの森のようちえんでは、体験を通して習慣化して欲しいと思っています。

習慣形成は一度や二度のイベントでは難しいのです。

これはすべての事に当てはまるのではないでしょうか。ピアノや水泳、英語も然り。

繰り返し、繰り返し、練習することによって身につける。

習慣形成が重要なのです。

幼児期には、それが辛く、厳しく、苦しいトレーニングでは効果がありません。

楽しい「遊び」を通してやるのが最も効果的です。

楽しい「遊び」は自ら取り組みます。

何度も何度も繰り返し取り組みます。

自ずと上達して、うれしくなって、また取り組みたくなります。

「遊び」は学習のいいサイクルを生み出します。

私たちは、この「遊び」が「深い学び」につながるよう、プログラムし、発達に応じて個別に援助します。

「楽しい」「遊び」を通して「喜び」と「幸せ」の人生を「習慣化」することを願っています。

平成29年11月19日父母講座

滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡正昭