子どもが、生き物を「飼いたい!」と言ったら‥

「どうせ世話しないから‥」

そう、どうせ世話しないかもしれません。

その面倒、見ることになるのは親かもしれません。

それでも、子どもが「自分で面倒見る、ちゃんとお世話をする!」って言ったら、我々も、それを信じてやりましょう。

「何回そう言って裏切られてきたことか‥」

そうかもしれません。「ちゃんとやる」と言っても、また裏切られるかもしれません。

それでも、子どもが今「ちゃんとやる」って言ったら、それを信じてやるのが大人の、親の役割かもしれません。

こちらも大人だから容易に想像できるんです。(もしかしたらまただめかな‥)って。

だけどその度に、子どもと向き合い、子どもが「ちゃんとやる」って言ったら、その時、今、そう思って、そうやろうとしていることを信じてやるんです。

そして出来なかったときに、「ほらごらんなさい。言ったとおりに出来なかったでしょう」なんて言ってはいけません。

出来なかったことは本人が一番分かっています。

「そんな甘いことじゃ子どもはちゃんと育ちません。」

じゃあ厳しくすれば子どもはちゃんと育つんですか。

それは、大人の言いなりになって、自分の意志とは無関係に、言われたことだけこなすようになるということです。

私たちは、そんな子どもを育てようとは思っていません。

そりゃあ親の言うことを聞いてくれたほうが助かります。

だからと言って親の言いなり、大人の顔色をうかがってばかりの子どもを育てようなんて思っていません。

子育ては大変。

でもその大変さの先にある、すばらしき人生と喜びを知っている。

だからわれら親はがんばれるんです。

もう少し、だめな親を演じてやって、子ども自身が変わることを待ってもいいのかもしれません。

外的な動機付け(誰かに言われたからやる)で出来るようになったって、長続きしないどころか反発が大きいのは心理学が証明しています。

自分自身が変わろうと思い、行動しないことには本当に変わったことにはならないのです。

またそうやって獲得したことは一生ものです。

どうか保護者の皆様ももう少し長い目で子ども自身が変わろうとするのを待っていただき、ときに自ら「そうしたい」「そうなりたい」と思えるような言葉がけ、働きかけをお願いしたいと思います。

もちろん、私たち子どもとかかわる専門家は子どものやる気を引き出すプロフェッショナルです。そのことを一番に考えています。

困ったときにはどうか頼っていただき、子どもの成長をともに考えるパートナーとして、一緒に考え行動させていただけたらと思います。

「ホントにうちの子、もう~!」

なんて大変さも共有しながら、子育てのすばらしさ、子どもの力のたくましさを共感し合える大きな家族の仲間に入れていただければ、きっと子どもの育ちも変わるんじゃないかと期待しています。

滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡 正昭


単焦点レンズの勧め

現在、滝山ネイチャークラブで使用しているカメラは一眼レフカメラ2台、ミラーレスカメラ1台、コンパクトデジタルカメラ1台です。

※一眼レフカメラはニコンとペンタックス(防滴)、ミラーレスはニコンの防水、コンデジは富士フィルムの防水

もっぱら一眼レフを使用していますが、雨の日や水辺の活動の際はミラーレス(防水)も併用しています。

レンズはすべて単焦点レンズに替えました。

ズーム機能がついてない広角でしか撮れないレンズなんです。

ズームがついていないというと不便じゃないの?と思うかもしれませんが、レンズ性能としては断然上なんです。

明るいし、ボケは撮れるし、みんな単焦点にしようよ!と思うくらいいいレンズなんです。

でもデメリットはやっぱりズームがつかえないので、寄るしかないんです。

それが単焦点のメリットでもあるんです。

保育者として子どもに寄り添う大人として写真を撮ろうと思ったら、単焦点しかないんです。

子どもと関係性があり、自然な姿が撮れる保育者ならでは単焦点で側に寄っていい写真撮ろうじゃないですか。

望遠レンズとかズームとか被写体に寄れないから使うんです。

近づくと被写体が意識してそのままの姿を見せてくれないから望遠で狙うんです。

機種選択やサポートアイテムなどご紹介できるものもあると思います。

特に野外で使うノウハウ、グッズなどソトアソビスクールではお伝えします。

それでは明日も森のようちえん実習で、「ご機嫌よう!」

ソトアソビスクール

堀岡正昭