遊びを見守る

自分で決める体験

森のようちえんで自分で決める体験をたくさんして欲しいなと思います。

本当の遊びというのは選択の連続です。

自ら考え、自分で選ぶ。

そして行動する。

遊びにはこの要素が含まれています。

見守る保育とは

私たちは子どもの主体性を尊重し、遊びを見守りたいと思います。

子どもが「やりたい」と言ったら、時に見守り、時に援助し、子どもの発達や特性に応じて働きかけます。

それは危険回避能力や危険予知能力は子どもによって異なるからです。

子どもたちの安全を守り、子どもたちの主体的な行為である遊びを見守り、より良い育ちにつなげていきたいと思います。

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭

image_print

関連記事