子どもと同じものを見る

子どもが見ているものを一緒に見ていたいと思います。

その子が関心を持っていることに関心を持っていたいと思います。

だから私たちは、子どもが見ているものを一緒に見ていることが多いのです。

もちろん、虫や花そのものに興味があるということもありますが、子どもたちのことをより理解したいと願うのです。

子どものことが分からなかったり、理解できずに苦しんでいたとしたら、子どもが見ているものを見るようにしたいと思います。

なぜ子どもが関心を持っているのか分かったら、どうしたらいいか少し分かるようになるような気がします。

子ども理解が進み、子どもと関わる喜びが広がるといい。

子どもの関心に関心を持つ

森のようちえんの滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡正昭

image_print

関連記事