子どもの声を逃さず拾う

子どもが「描きたい!」という欲求を大事にする。

そのために、リュックには画用紙やスケッチブックとマーカーやクレヨンを忍ばせておきます。

マイスケッチブックを持ってくる子もいます。

いつでも、どこでも、子どもの描きたいという欲求を大事にしたいと思います。

使っているのはシュトックマーの蜜蝋クレヨンです。

描きなさいと言わなくても、描きたくなるような環境と働きかけで、子どもたちは自ら描こうとします。

森のようちえんでは、子どもたちの「描きたい」「描いてみたい」という声を逃さず拾い、他の子にも刺激となり、遊びが広がるように支援していきたいと思います。

マルマン スケッチブック

森のようちえんの滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡正昭

image_print

関連記事

タイトルとURLをコピーしました