「知る」ことは「感じる」ことの半分も重要ではない

わたしは、子どもにとっても、どのようにして子どもを教育すべきか頭をなやませている親にとっても、「知る」ことは「感じる」ことの半分も重要ではないと固く信じています。

レイチェル・カーソン『センス・オブ・ワンダー』から

教え込む教育から、子どもたち自ら、自然の中で感じ、考え、行動を選択し、実行していく教育への転換

私たち大人は、「何かしてあげなければならない」という呪縛から解き放たれ、子どもたちが自ら学ぼうとする力を信じ、変えていかなければいけません。

変わらなければいけないのは、大人の方

子どもは素晴らしい。

というより、私たち人間には力がある。

他人に何かやらされなくても、生きていこうとする力がある。

大人はまず子どもが自らやりたくなる魅力ある環境を用意しましょう。

自然は魅力にあふれている。

勇気を持ってまず一歩踏み出そう

子どもと関わる多くの大人が子どもを連れて外に出かけることで多くのことが変わります。

まずは理屈抜きに出かけましょう。

技術や知識はその後からで構わない。

分からなければ聞いたらいい。

滝山ネイチャークラブの森のようちえんで体験させたらいい。

子どもが育つ道筋がここにはあります。

 

週末の土曜日コース、日曜日コース共に若干名の募集です。

子どもに良質な自然体験、子ども自ら遊びこむ体験をさせたいと思ったら、滝山ネイチャークラブの森のようちえんです。

20年以上の経験とチームで保育する愛と情熱溢れる行動するスタッフが子どもたちの安全を支えます。

どこよりも安全で、どこよりも楽しいと言い切れるのには訳があります。

ぜひお越しください。

保護者の皆様のご期待にお応えいたします。

お待ちしています。

森のようちえんの滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡正昭

image_print

関連記事