素材を自由に扱う

滝山ネイチャークラブの森のようちえんでは、石や葉っぱ、木の実も素材の一つ。

実はクレヨンや折り紙、粘土とも同じ扱いなのです。

子どもの遊びを豊かにする素材が自由に扱え、たっぷりと用意されているといい。

いつでも使え、どんな風に使ってもいい。

幼稚園や保育園の時ぐらい、自然の素材にたっぷりと触れ、自由に扱える喜びを感じて欲しい。

森のようちえんで歌い、鳴らし、描こう

森のようちえんの滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡正昭

image_print

関連記事