自由に描く

子どもは描きたいと思ったら、自分から描こうとします。

描きたくなるような体験と魅力的な環境を用意しましょう。

いつでも描ける用意さえしておけば、子どもは自由に描き出します。

「もっとこうしたら」とか、「この色を使って」とか言う必要はありません。

子どもは人の評価のために描いているのではなく、自分自身の描きたいという気持ちに沿って描いているのです。

子どもたちの「やりたい!」「もっとこうしたい!」をサポートします。

森のようちえんの滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡正昭

image_print

関連記事