活動はフェードインフェードアウトで

幼児期における活動は時間できっちり区切るというのはあまり向いていません。

「〇時になったからハイ、遊んで。〇時になったからハイ、片付けて。」

というのではなく、

活動の導入を丁寧にして、子どもたちが興味を持って参加出来るようにしたり、「お腹空いたから、そろそろ片付けようか。」などと必然性のあるものにしていくといいです。

立命館小学校の正頭先生も、「これからは境界線が曖昧になる時代」だと仰います。

教室は勉強する所、廊下は移動する所、校庭は遊ぶ所といった境界線があいまいになり、廊下の掲示物でも学びが始まり、校庭の草花を見て観察が始まります。

学習環境の境界線があいまいになるということです。

時間についても同じだと思います。

子どもの興味関心はそれぞれです。

活動に対する参加意欲も様々なのに、一律一斉に活動し始めるというのは無理があります。

終わりもそうです。

「もっとやっていたい」

そう言ったら続けさせてあげたい。

「もう終わりだから、片付けて」

と言うのではなく、その子の意欲を尊重し、継続させてあげられるだけのこちらの余裕が欲しいものです。

実は、幼児教育というのはもともと境界線は曖昧だったのです。

そもそも幼児と言うのは時間でぱっと切り替えるというのが苦手です。

興味関心の塊ですから、「今これをやっている」「もっとやりたい」という心理を大事にしようと思ったら、活動時間の境界線が曖昧になるのです。

「じゃあそれ終わったら来てね。」

「もっとやってていいよ。」

そのことが何の支障があるというのでしょう。

私たち大人は時間で区切られた教育を受けてきたので、時間に曖昧だと「時間にルーズな子どもになる」とか「今は何の時間かしっかりけじめをつけないと」と思ってしまいます。

もちろん、時間にいい加減では困ります。

みんなが集まっていることに関心を持ってもらいたいと思います。

他の子の想いや大人の願いも聞いて欲しいと思います。

でもそのこと以上に、その子の興味関心を大事にし、その子の声に耳を傾けていくのが幼児教育ではないでしょうか。

境界線が曖昧になるということで、何でもかんでも勝手放題をさせましょうと言うのとは違います。

子どもの話を聞いて、その子の学びが今どこにあるのかを見極め、今学んでいることを大切にし、そうすると時間や空間の境界線が曖昧になることも多いのではないかと思うのです。

ぜひ幼児教育の現場では、「活動はフェードインフェードアウト」でお願いしたいと思います。

急に時間になったから「ハイ、教科書開いて!」では大人でも「いや、ちょっと待ってよ。朝起きたばっかりじゃん」となるでしょう。

「昨日どこまでやったっけ?」

といった話の導入が大事なのです。

学校現場でもこの導入が子どもたちの学習意欲を高めます。

授業が終わっても、「もっとやっていたい!」と言う子は私たちがもっとも育てたい意欲ある子だとは言えないでしょうか。

もっとやりたい!そんな意欲的な子どもを育てようと思ったら活動の余韻を大事にしてフェードアウトで行きたいものです。

活動はフェードインフェードアウトで

森のようちえんの滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡 正昭

玩具の取り扱いについて

森のようちえんには、ハンディ図鑑や双眼鏡など、観察や学習につながるアイテムを持ってくる子もいます。

「持って行きたい!」という動機づけ、意欲があるからですね。

それとは別に、玩具やぬいぐるみを持ってくる子もたまにいます。

そんな時には、「いいですよ」とお伝えしています。

 

保育園や幼稚園でも、「このおもちゃ持って行きたい!」と言ってタオルやぬいぐるみなど持って行くことがあるかと思います。

そんな時は「これは置いていこうね」とお話しされているのを耳にすることもあります。

すんなり置いていってくれたらいいのですが、なかなか離さず、ぐずって泣いたりすることもあるのではないでしょうか。

玩具やぬいぐるみなどの持ち込みについては、園によって考えはそれぞれでしょうが、私はこう考えます。

「一種の安定剤」の役割を果たすこともあると。

それを持っていることで、大好きなお母さんとつながっていることを感じられたり、安心出来たりするのなら、持って行ってもいいんじゃないかと思うのです。

「他の子が欲しがる」とか「失くしたり、壊れたりしたら」といろいろ考えることはあるかと思いますが、長く子どもたちを見ていて、そんな心配はあまりないように思います。

それを持って一日過ごすということはあまりないように思います。(タオルなど、精神的に不安定な場合は1日持っているということは、年齢によってはあるかもしれません。)

意外と教室やお部屋に入った途端、その辺に置いて忘れていることもしばしばです。

ある保育園の園長先生は、

「そのまま持って行っていいですからね。お部屋の先生に、『どうしても離さないのでお願いします。』とだけ伝えて下さい。職員は十分理解していますので、スムーズに受け入れますよ。」と言ってくれます。

滝山ネイチャークラブでも、基本的な考えは一緒です。

ただ、

・保護者の方が承知していること

たまに子どものことですから、黙って持ってくるということがないとも限りません。保護者の方もその玩具などを持って行っているということを承知しておいてください。

・あまりに子どもの玩具にしては高価な物など、紛失や破損などの心配も承知しておいていただくこと

これまたたまに、カメラや双眼鏡など、破損などの心配があるものもあります。こちらも十分気を付けて見ていきたいと思いますが、紛失や破損などの恐れがあることも理解しておいていただけると助かります。

大事なことは、子ども自身が「どうしても持って行きたい!」という動機づけがあるということで、持って行きたいという子どもの本質的な欲求に寄り添っていきたいと思います。

さみしいから安定剤として持って行きたいのか、それともそのアイテムを使ってもっと楽しく遊びたいという知的好奇心や欲求があるからなのか、それとも単に見せびらかしたいという欲求なのか、そのことをよく見極めて適切に対応していきたいと思います。

まずは何でもご相談ください。

長く子どもたちを見てきた経験から子どもたちの行動理由について多くのデータベースがあります。

正解にたどり着けるかどうかは分かりませんが、少なくとも子どもたちの気持ちに寄り添う用意があります。

子どもの行動特性、発達特性についてもお伝えし、共に子どもたちをより良く理解していきたいと思います。

森のようちえんの滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡 正昭

燃焼の三要素

火が燃えるのに必要な要素は何でしょう。

何があると燃えるのでしょうか。

案外、大人でも答えられないものです。

ここで大事なことは正確な情報、知識ではなく、実体験を伴って気づく、理解するということです。

この中に子どもたちがたくさん杉っぱを入れたらたちまち火は消えてしまいます。

でもその中に、「ふーっ」と優しく息を吹きかけることでまた炎が上がり、燃え始めます。

可燃物をたくさん入れることで酸素がなくなり、酸素を供給することでまた火が燃え始めるのです。

燃焼に必要な要素の一つ、酸素です。

消えかけた火が息を吹きかけることで盛り返す様を見て、子どもたちは驚くのです。

大事なことはこの体験です。

そして幼児教育的に大切なことは、必然性がある、学びの動機づけがあるということです。

教育は子どもの興味関心に寄り添い、子どもが学びたいという動機づけを高める方がはるかに学習効果が高いのです。

幼児期の子どもの関心は何か。

それは遊びです。

滝山ネイチャークラブの森のようちえんが、遊びを通して子どもたち自ら学ぶスタイルを採用しているのは、その方が学習効果が高いからなのです。

大人が一生懸命教え込もうとしても特に幼児に対しては大人も疲れるだけで良いことがありません。

遊びを通して子どもたちが楽しみながら学ぶシステムに変えることで大人も疲れない、子どもは楽しい、そして学習効果が高い。

一石三鳥というものです。

寒いからこそ暖かい火が恋しいというものです。

体験を通して実際に目の前で見て感じるからこそ、もっと知りたいという学ぶ喜びにつながるのです。

幼児期の体験学習を広めます。

遊びを通した楽しい学びを勧めます。

森のようちえんの滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡 正昭

子どもが興味を持ったその時、その場で

この日見つけた幼虫。

何でしょう。

子どもたちは「図鑑で調べてみる」とのことでしたが、案外、成虫は載っていても、幼虫までは載っていないんですね。

そこで、スマホを活用して、グーグル検索です。

写真で撮って、グーグル検索するとネット上の近い画像が出てきます。

それによると「クロコノマチョウ」らしいのです。

ここで大切なのは、正解かどうかということよりも、体験を伴った発見があって、「これ何だろう?」と疑問が湧いたその時に、調べたり、自分たちで問いを立てるという行為そのものなのです。

立命館大学の正頭先生も「スピードポジティブハイテンションフィードバック」と名付けて、子どものモチベーションはレアなので、その場で対応してあげることが重要だと仰っています。

不思議に思ったその時に、疑問に思ったその時に、その場で一緒になって不思議に思う保育者の存在とその問いに一緒になって考えてくれる大人の役割が重要なのです。

タブレットやスマホはあくまでそれを支えるツールにすぎません。

子どもはその後、こちらが用意していた画用紙に、虫の名前とエサ、イラストを描いて大事そうに持って帰りました。

幼児期には、思った時にすぐに調べられるツールが身近にあることが大切です。

タブレットの導入の前に、私は全国の幼稚園・保育園の教室に「昆虫図鑑」の設置を提案します。

昆虫図鑑が必須なのではなく、子どもたちの多くの興味関心が虫にあるから昆虫図鑑なのです。

乗り物が好きな子が多いクラスは「乗り物図鑑」でもいいでしょう。

子どもたちの手のサイズに合ったハンディ図鑑なら、2歳さんでも手に取れます。

大切なのは、目の前の子どもたちの興味を探り、その興味関心をさらに深め、次への学びへの意欲につなげるかということです。

ハンディ図鑑があれば、子どもたちのわくわくが止まりません。

そんなことを思い描くと僕もわくわくしてきます。

保育は楽しい!

子どもたちは素晴らしい!

子どもたちの学びの体験をさらに深めていきたいと思います。

森のようちえんの滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡 正昭

 

 

 

雨を楽しみ、人生を楽しむ

森のようちえんの子は雨でもへっちゃらです。

雨でも変わらず遊び、楽しんでいます。

雨でも楽しむことを知っています。

雨ならではの遊びも知っています。

森のようちえんは楽しい。

雨でも楽しめる。

森のようちえんを通して、人生を楽しむことを身につけてくれたらと願わずにはいられません。

人生を楽しむことを自ら獲得する森のようちえん

森のようちえんの滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡 正昭