森のようちえん(12月1日)

遊びは自由に

自然を感じる機会を提供します。

感じ方はそれぞれ。

変化と刺激を経験し、自分自身の感覚で感じる体験が必要です。

人格・人権・個の尊重

自分の感情に正直に、安心して表出できる場が必要です。

人格・人権・個を尊重するというのは、その子の感情もまるごと受け止めるということだと思います。

信頼関係を基にした安心できる関係性を大事にします。

感覚・感情・意見の違いを受け止める

幼児期には楽しい遊びを通した学習が一番です。

いっしょに遊ぶということは、人と関わる大事な勉強です。

自分の思いを伝え、相手の意見を聞く。

みんなで相談してみんなで決める。

大人が介入すればスマートに解決するかもしれないけれど、大事なことはそこじゃない。

子どもたちが遊びを通して学び、獲得していくプロセスがもっとも大事なのです。

 

この子たちもやがては大きくなり、大切な人と出会い、共に人生を歩んでいくことでしょう。

自分を大切に、相手を尊重し、違いを認め、困難にもあきらめず、幸せの人生を楽しんでくれたらと願います。

森のようちえんの遊びがものの捉え方を変えて、行動する習慣を形成し、笑顔につながるよう支援してまいります。

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭

関連記事


コメントを残す