サマースクール(7月23日)

自然を体験する

暑い、冷たいを感じる体験、 そして実際の体験を通して、「うわー、すごーい」という心が揺れ動く体験をしっかりさせたいと思います。

しっかり汗をかく体験、冷たい水の感触に「冷たーい」と感じる体験、目には見えないけど自然に触れて内面が変化する体験をしっかり経験させていきます。

個別化の指導

子どもは一人ひとり発達が違います。個性や好み、行動特性も違います。

出来る限りその一人ひとりに合わせて指導していきたいと思います。

体力や意欲に応じて対応していくための個別化の指導を心がけています。

小さいと疲れたりするので休息も必要です。

お子様の体調を見てお昼寝にも対応しています。

対象に応じたプログラム

捕まえた魚をケースに入れて水族館にして楽しんでいると、

「絵、描きたくなっちゃった。」

「じゃあ描いてみる?」

水族館の魚や楽しんでいた川の様子を何枚も描いていました。

子どもは描きたくなったら自らどんどん描くようになります。

無理に描かせるのではなく、描きたくなるような環境さえ整えれば、子どもの表現はどんどん豊かになります。

私たちは、自然の中での教育を行っていますが、教育の目的は人格の完成です。

幼児期には子どもが自ら取り組む主体的な行為として遊びを通した教育が最も効果的です。

これからも子どもたちにとってより良い育ちとなるようサポートしてまいります。

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭

関連記事


コメントを残す