7月28日(日)

自然の中でお弁当

木漏れ日の下でレジャーシートを広げたらそれだけでいい。

みんなで食べる。

一緒に食べる。

自然の中で食べるとおいしい。

みんなと一緒に食べるとおいしい。

自然を感じる体験と人と関わる体験を大事にします。

 

自然の中での読み聞かせ

鳥のさえずりやセミの鳴き声が聞こえる中でお話の世界に入り込む。

この自然の中での読み聞かせはお話しの世界を楽しむのに最高です。

落ち着いてゆったり過ごせる時間を用意すれば子どもたちはすぐに引き込まれていきます。

絵本の高さ、読むスピード、めくる所作など多少の技術は必要ですが、大切なのは安心できる空間と関係性。

読む側が絵本が好きだということも重要かもしれません。

 

自然の中で自ら環境に働きかけていく体験

木の枝が一本あれば、魔法の杖にも箒にでも何にでも変わる。

言われたことをこなすことが大事なのではなく、自ら環境に働きかけていく力が必要です。

それには「遊び」が最も効果的です。

子どもたちのエネルギーは素晴らしい!

子どもたちの「遊びたい!」欲求を適切に満たしてあげることがとても大切です。

 

自然を感じる体験

自由に身体を動かす体験

物をよく観察する体験

人と関わる体験

遊びを創り出す体験

これらの体験をしっかり経験させたいと思います。

大人が指示してやらせるだけではなく、子どもたち自身が獲得する主体的な活動にしたいと思います。

幼児期に必要な本当の学力をつけさせたいと考えます。

遊びを通して育てます。

 

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭

関連記事


コメントを残す