7月14日(日)

雨でも楽しむ心を育てる

子どもを外に連れ出そう。

子どもの欲求を適切に満たし、「遊びたい!」「外に出たい!」「大きくなりたい!」をサポートしたいと思います。

雨でも楽しむ体験が待っています。

子どもたちの「楽しい!」を保障します。

興味ある物をよく観察する

子どもは好奇心旺盛。

自分の興味ある物はよく見てみようとします。

この時に大人は知識を与えようとしがちですが、知識よりも体験重視。

自分が感じていること、脳内で行われている自己内対話をきちんと保障してあげることが大事です。

それには時間の保証、場の保証、体験の保証が必要です。

時間に追われて時間で子どもを管理すると子どもを急かすことになります。

少人数でしっかり観察できるゆとりある環境を用意してあげたいと思います。

何より私たち大人が、(こうしたことが大事なんだよ)とノンバーバルなメッセージを態度や表情で表し、子どもたちが安心して体験できるようにしたいと思います。

子どもたちの育ちをサポートします。

自然の中での体験がたくましく、思いやりのある子に育てます。

子どもたちの笑顔と保護者の皆様の喜びにつながる体験にしていきたいと思います。

来月もお待ちしています。

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭

関連記事


コメントを残す