2月17日(日)

山頂で絵本の読み聞かせ

お弁当を食べ終わった子が、「今日の絵本、何?」

人気の『メチャクサ』(アスラン書房)と『寿限無』(ほるぷ出版)でした。

「寿限無寿限無五劫のすりきれ、海砂利水魚の水行末、雲来松、風来松・・・。」

こんな言葉遊びも楽しいものです。

遊び出していった子たちが何やら興奮気味に

「めっちゃ、おもしろいとこ、見つけた!」

この時期限定の遊び。

と言うのもここは夏場は下草が生い茂り、とてもじゃないけど入って遊ぶなんて出来ないからです。

子どもたちは化石を見つけたと言って大騒ぎしているのですが、本当に見つけたのかもしれませんね、宝物を。

 

人生は誰かが幸せにしてくれるんじゃない。

自分で幸せを見つけるんだ。

この子たちならきっと見つけることでしょう。

 

僕が教えられることなんてたかが知れている。

でもここで楽しさを覚えた子たちは自ら環境に働きかけ、大きな幸せをつかむだろう。

その価値を伝えたい。

この素晴らしさを広めたい。

どうか子どもが自然の中で遊ぶことの価値をご理解いただき、支援の輪が広がることを切に御願い申し上げます。

保護者の皆様にはいつも温かいご支援とご協力に、心から感謝いたします。

そのことを励みにさらなる安全と楽しさ、そして子どもたちの成長を追求してまいります。

滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡 正昭

関連記事


コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。