12月16日(日)

子どもたちを自然の中にいざないます。

「こんな体験を子どもたちにさせたい」と願う保護者の皆様の期待に応えます。

子どもたちの喜び、笑顔、身体、そして心

子どもたちをより良く育てようと思ったら、どうやら自然環境というのは欠かせないようです。

怪我の心配、事故のリスクはなくならないものの、野外の知識と経験、子どもの発達や個性、行動特性を理解し適切に関わることで防げるものは多いと考えます。

長年の経験と子どもたちへの愛が安全を支えます。

この活動が全国各地に広がることを期待します。

子どもたちが自由に外で遊ぶ権利を守り、子どものより良い育ちに貢献します。

今年もこの活動が出来たのも偏に保護者の皆様のご理解とご協力のおかげです。

感謝の思いを忘れず、子どもにとって良いものを広めることに尽力し、さらなる発展を目指します。

保護者の皆様が「週末に八王子高尾に通って良かったね。」と言っていただけるよう安全と楽しさのクオリティを追求してまいりますので、来年もどうぞよろしくお願い致します。

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭

Pocket
LINEで送る

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。