12月9日(日)

森のようちえんの子どもたちはよく遊びます。

そして私たち大人も子どもと一緒によく動くようにしています。

動かないことには分からないことがあるのです。

子どもの気持ちや内面の変化、遊びの状態が。

子どもの感情に共感的でありたいと思います。

それには同じ体験をして、同じ方向を見ないと見えないものがあるのです。

子どもの感情を受け止め、欲求を適切に満たしてあげることが将来に渡る人格のベースとなります。

教育の目的は人格の完成であり、平和で民主的な健康な子どもに育てることです。

そのためにどうしたらいいか常に考え、判断し、行動していくのです。

滝山ネイチャークラブの森のようちえんはどこからも制約を受けず、ただシンプルに子どもにとって良いこと、保護者の皆様が本当に求めるもの、そして保育者にとってやりがいのあることを追求していくことが出来ます。

この小さな幼児教育が各地に広まって子どもの笑顔とみんなの幸せが広がることを願っています。

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭

関連記事


コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。