森のようちえん(9月8日)

子どもの欲求を適切に満たす

こんなにも子どもたちを夢中にさせる教材が他にあるでしょうか。

よくある笑い話ですが、新人の先生が一生懸命「集まってー」と叫んでもちっとも集まってこない子たちが、ダンゴムシを持っていくとみんな集まってくる。

虫たちはそれだけ魅力ある存在だということです。

子どもたちは木の枝が好き。

滝山ネイチャークラブの森のようちえんでは子どもたちが木の枝を持っていても、一律に禁止することはありません。

子どもたちの長い棒を持ちたいという欲求を適切に満たしてあげたいと思うからです。

美しい花を見て愛でてみたいという気持ち、魅力ある虫を捕まえたいという気持ち、それと同じように木の枝をそれも出来るだけ長いのを持ちたいという気持ちを受け止め、その欲求を適切に満たしてあげたいのです。

扱い方を覚えればいいだけ。虫のつかみ方を覚えて強く握らないように指の使い方をコントロール出来るようになればいい。花や虫が悪いのではなく、練習が足りないだけ。

それと同じように木の枝を持って危なくないように周囲に気を付ければいい。

本当に危ないのは、何が危険か、どうしたら危なくなく使えるようになるか練習する機会もなく、大人になってしまうこと。

練習の機会、遊びを通した学びを大事にする限り、安全に遊ぶことが出来るようになります。

 

人間形成において大事なもの

食事は生活観が表れる場だからみんなでいっしょに食事します。

シートをくっつけて食べたり、顔が見えるようにして食べたり、みんなで一緒に食べるとおいしいねという感覚を覚えて欲しいのです。

教育の目的は人格の完成です。

その人格の形成において人に対する信頼感、仲間と過ごす喜び、自由で楽しい体験は欠かせないものだと信じます。

お弁当を食べた記憶があったかく、楽しかった、それだけでも十分大事なことだと思います。

人への信頼感を持ち、人生を楽しむ子どもたちは実に見事によく遊びます。

遊ぶ環境と自由で楽しい体験を用意し、それを支える保育者の役割を十分に果たすことで、安全で教育的な森のようちえんでありたいと思います。

 

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭


森のようちえん(9月7日)

子ども時代とごっこ遊び

忙しそうに焼いています。

どこから見つけてきたのか紫陽花のドライフラワーをコンロで焼いてお料理だそうです。

幼児期においてごっこ遊びはとても重要です。

ごっこ遊びは想像力、実行力、主体性、協同、コミュニケーションなど幼児期に必要な力を育てるのにとても効果的です。

見立てて遊ぶ素材が豊富にあること、遊ぶ時間が十分に保障されていること、なおかつ子どもと子ども、それぞれの遊びと遊びをつなげる保育者の役割が重要だと思います。

子どもとの心の距離

私たちは子どもたちの遊びが学びにつながるよう信頼関係を基本にしながら、専門性を発揮し適切に働きかけていきたいと思います。

何かが出来るようになることも大事だけど、私たちは内面の変化を重視します。

その内面の変化は読み取りにくいけれど、子どもたちと心の距離を縮めることで見えてきます。

私たちは子どもの遊びに寄り添い、子どもたちの内面の変化に敏感でありたいと思います。

「うわー、すっごーい!」心が揺れ動くその瞬間を子どもたちと共感し、内面の変化をお届けしたいと思います。

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭


森のようちえん(9月1日)

「お店屋さんでーす。」

「こちらでお待ちください。」

「ハイ、どうぞ」

山頂に着くなりお店屋さんごっこが始まりました。

ごっこ遊びは子どもにとってもっとも重要な学習の一つです。

自ら行う。

自分で考えて行う。

楽しんでやる。

工夫してどんどん発展していく。

ごっこ遊びは幼児期の体験・参加型学習の最先端です。

自然に触れて、自然と関わる。

既製品のおもちゃは何もないけど、自然のアクセサリーならいくらでも作れる。

あの木の枝、実はトンボ釣り、クモ釣りの釣り竿だったんです。

遊びは人生を豊かにしてくれる。

遊び心のある子はどんな状況も楽しむことが出来る。

遊びを通して幸せになる方法を学び、その技術を獲得する。

教えて出来るものじゃない。

やらせてもうまくいかない。

子どもには自ら獲得する力がある。

そう信じて子どもたちを山に、森に、自然の中に連れていきます。

 

幼児期にこそ子どもたちを自然の中へ

自然の中で遊びを通して学ぶ体験学習

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭