1月13日(日)

自由で楽しい森のようちえん

それは誰かが楽しくしてくれるのではないのです。

人生も然り。

自分自身で人生を楽しくしていくのです。

自分で考えて行動する子に育って欲しいと思います。

どう考えるのか。

それは、「どうしたら楽しくなるか」「どうしたらみんなで楽しく遊べるか」を考えてやってみるということです。

3歳からの子どもたちに難しいことを要求するのではなく、楽しい遊びを通して、自分の人生を幸せに生きていく練習をたくさんしてくれたらなと思います。

なんでも自分勝手でいいとは思いません。

それでも大事にしたいと思うのは、子どもたちの選択を尊重してあげたいと思うのです。

親から見たら転んで怪我するかもしれない。

それでも子どもたちがやりたいと言ったら、その彼ら自身の選択を尊重してあげたいと思うのです。

親にしてみたら我慢と葛藤。

それでも子ども自身の力を信じ、「きっとこの子たちなら大丈夫」そう信じて一生懸命、見守るです。

これが難しい所で、子どもの発達と個性を正しく理解して適切に対応しないと大けがです。

僕らだって時には止めるのです。

禁止もします。

それでも頭ごなしに子どもの人格を否定するような禁止は絶対しません。

そんなことをしたら本末転倒だからです。

人生は楽しい。

でも転んで怪我するかもしれない。

それでも怪我を恐れてあきらめるのではなく、転んでも大丈夫、またやってみよう、チャレンジしてみようという精神は、自由で楽しい遊びの中でこそ獲得できるのではないかと思うのです。

 

子どもたちが自分たちの人生を自由に謳歌して欲しいと思います。

今年もますます自由で楽しい森のようちえんでありたいと思いますので、ご声援を心からお願い申し上げます。

滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡 正昭

Pocket
LINEで送る

12月16日(日)

子どもたちを自然の中にいざないます。

「こんな体験を子どもたちにさせたい」と願う保護者の皆様の期待に応えます。

子どもたちの喜び、笑顔、身体、そして心

子どもたちをより良く育てようと思ったら、どうやら自然環境というのは欠かせないようです。

怪我の心配、事故のリスクはなくならないものの、野外の知識と経験、子どもの発達や個性、行動特性を理解し適切に関わることで防げるものは多いと考えます。

長年の経験と子どもたちへの愛が安全を支えます。

この活動が全国各地に広がることを期待します。

子どもたちが自由に外で遊ぶ権利を守り、子どものより良い育ちに貢献します。

今年もこの活動が出来たのも偏に保護者の皆様のご理解とご協力のおかげです。

感謝の思いを忘れず、子どもにとって良いものを広めることに尽力し、さらなる発展を目指します。

保護者の皆様が「週末に八王子高尾に通って良かったね。」と言っていただけるよう安全と楽しさのクオリティを追求してまいりますので、来年もどうぞよろしくお願い致します。

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭

Pocket
LINEで送る

12月15日(土)

自らの意思で主体的に取り組む

道中は単なる移動ではなく、子どもにとっては重要な遊びです。

私たちが整列させて歩かせないのは、教育的な効果をねらうからです。

やらせたことは実はあまり効果がありません。

特に体験型の学習においては、自ら主体的に取り組み、自ら感じ、考え、獲得しないことには意味がないのです。

自由とは自分を縛り付ける恐れや否定からの解放であり、精神の自由です。

「僕には出来る」

自分を愛し、自分を肯定的に見ることが出来る子どもたちであって欲しいと思います。

 

集まる・話を聴く・話をする

幼児期は、整列させて集めることはあまり向いていません。

並ぶのは手段であって、目的は集まって話を聴いたり、話をするといった内容にあります。

滝山ネイチャークラブの森のようちえんでは、車座になって小さく集まったり、丸く輪になってみんなの顔が見えるようにして集まることが多いです。

そんな滝山ネイチャークラブの森のようちえんでも整列して集めることがあります。

それは、災害時、緊急時です。

災害時など防犯や安全上の理由で子どもたちを迅速に集めて、避難誘導させる技術と経験があります。

どうかそのような時が来ないことを祈りながら、個人の意識とチームの連携を高めていきたいと思います。

 

自由な遊びと温かい人間関係

そうは言っても普段は楽しい遊びが一番!

そこに安心出来る良好な人間関係が必要なことは大人も子どもも一緒です。

保育者の専門性とは、子どもと良好な人間関係を築く技術にあります。

子どもたちと遊び、子ども同士の関係性や遊びの状態を見守りながら、子どもたちのより良い育ちに貢献したいと思います。

 

自分に素直に、そして環境に働きかけていくことを習慣化させる

自分自身の感情を受け止め、受け入れてくれる環境の中で、子どもたちは安心して行動していきます。

誰かが楽しくしてくれるのではなく、自ら環境に働きかけていくことで楽しくなるのだということを体験を通して実感として感じ取って欲しいのです。

人生は常に自分が主体者。

楽しくなるのもそうじゃないのも実は自分自身の行動にかかっています。

それを習慣化させていくには、幼児期には遊びがもっとも効果的です。

 

子どもたちには幸せで成長の人生であって欲しいと思うのはすべての親のねがいではないでしょうか。

そのために私たちが出来ることは何か。

私たち自身も学びが必要ですが、その学びを子どもたちに還元し、子どもたちの幸せと成長を支援できる森のようちえんでありたいと思います。

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭

 

Pocket
LINEで送る