7月20日(土)

みんなで集まる体験、みんなを感じる体験

滝山ネイチャークラブの森のようちえんでは、みんなで集まる時間を設けるようにしています。

子どもたちの遊びの区切りを見計らい、声をかけて、みんなで集まり、そこにいる仲間を理解する時間にしたいと思います。

無理やり集めてもうまくいきません。

子どもたちの遊びの区切りを見極めないとうまくいきません。

遊びの集中度合いを見計らい、子どもたちに声を掛けます。

大勢いるから人と関われるようになるのではなく、人と関わるということを繰り返し体験するから出来るようになるのです。

また、人と関わるということが肯定的な感情として「もっと関わりたい」となるには、人への信頼感が欠かせません。

子ども同士の関わりを丁寧に見て、子ども同士の対立も含めて適切に働きかけて関係を調整し、「友だちっていいもんだ」という人への信頼、多面的な他者理解につながるといいなと思います。

 

自然体験と合わせて、「ごっこ遊び」の体験を!

雨が降ってくるからということもあるのですが、子どもたちが「タープ張って、おうちにしたい!」というので、みんなでタープを張りました。

タープを広げると「わぁーっ!」と歓声が広がり、「僕も手伝う!」とロープを引っ張ったり、タープを持ってくれたりしました。

誰もが思い出す、おうちごっこや秘密の遊び場。

自然体験と合わせて、そんなごっこ遊びの体験をしっかり経験させたいと思います。

何より、「楽しい!」ということが一番!

自分たちで創る空間は子どもにとって楽しい空間です。

ごっこ遊びと創る喜びを理解し  、ほんの少しのアウトドアのスキルがあれば子どもの遊びはますます豊かになります。

教育の目的は人格の完成にあります。

滝山ネイチャークラブの森のようちえんは、その目的達成のためにもっとも効果的な「遊び」を通して行います。

次代を担うこの子たちが力をつけて広い世界に羽ばたいていくことを心から願っています。

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭


7月14日(日)

雨でも楽しむ心を育てる

子どもを外に連れ出そう。

子どもの欲求を適切に満たし、「遊びたい!」「外に出たい!」「大きくなりたい!」をサポートしたいと思います。

雨でも楽しむ体験が待っています。

子どもたちの「楽しい!」を保障します。

興味ある物をよく観察する

子どもは好奇心旺盛。

自分の興味ある物はよく見てみようとします。

この時に大人は知識を与えようとしがちですが、知識よりも体験重視。

自分が感じていること、脳内で行われている自己内対話をきちんと保障してあげることが大事です。

それには時間の保証、場の保証、体験の保証が必要です。

時間に追われて時間で子どもを管理すると子どもを急かすことになります。

少人数でしっかり観察できるゆとりある環境を用意してあげたいと思います。

何より私たち大人が、(こうしたことが大事なんだよ)とノンバーバルなメッセージを態度や表情で表し、子どもたちが安心して体験できるようにしたいと思います。

子どもたちの育ちをサポートします。

自然の中での体験がたくましく、思いやりのある子に育てます。

子どもたちの笑顔と保護者の皆様の喜びにつながる体験にしていきたいと思います。

来月もお待ちしています。

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭


6月23日(日)

走る

存分に走ることが出来る環境を用意して、身体を動かしたい!という欲求に応えたいと思います。

よく見る

子どもは興味ある物ならよく見ようとします。じっくりとよく観察する習慣を身につけて欲しいと思います。

探検

この先がどうなっているんだろう?そんな未知の部分、不確定な要素、期待とワクワクの場所を残しておこうと思います。そのことが「行ってみたい!」「やってみよう!」という動機づけになります。

人と関わる体験

大勢いるから関わる体験が出来るのではなく、そこでの関わりをどうコーディネートするかということが重要だと思います。出会いを学びに、対立をも学びにするために、子どもたち同士、人と人、人と自然をつなぎます。

人生を楽しんで、勇気を持って外の世界に羽ばたこうとする子どもたちを応援します。

教育の目的は人格の完成にあります。

その基礎となる幼児期に、人への信頼感を持った子どもたちが学ぶ喜びを知り、自ら社会に働きかけていく力をつけて欲しいと願います。

幼児期に少人数で行う良質な遊びの体験が広がることを期待します。

 

来月から川遊びです。

集合解散場所は連絡ノートをご覧ください。

来月もよろしくお願いします。

(ログインが必要です。)

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭