5月14日、森のようちえん

滝山ネイチャークラブの森のようちえんは、子どもの遊びは学習であると捉えています。

遊びを通して学ぶ体験でなければなりません。

学びとは、自発的な営みです。

もちろん、やらせれば子どもは出来るようになります。

しかしそれでは身につかないし、反動も大きいことを知っています。

自ら「やりたい」と思って行動しないことには意味がないのです。

滝山ネイチャークラブの森のようちえんが、「自由」と「楽しい」遊びを大切にする理由です。

そんな子どもたちの側に寄り添う大人でありたいと思います。

人に対する信頼感をベースにした、学びの体験、ソトアソビが広がることを期待しています。

滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡正昭

image_print

関連記事

タイトルとURLをコピーしました